北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

氷都の祭典・とまこまいスケートまつり開幕 「しばれ焼き」堪能、ステージも大盛況

しばれ焼きを楽しむ市民=2日午前11時ごろ、苫小牧市若草町の中央公園

 苫小牧の冬を彩る第53回とまこまいスケートまつり(実行委員会主催)が2日開幕した。メイン会場の中央公園(苫小牧市若草町)は初日から、名物「しばれ焼き」を楽しむ家族連れや巨大滑り台に歓声を上げる子どもたちの笑顔であふれた。人気キャラクターや歌謡ショーなど多彩なステージも行われ、会場は大いににぎわっている。まつりは3日まで。

 初日は一時雪に見舞われたが、開場の午前10時から多くの市民らでにぎわった。ステージでは同11時に開会宣言。陸上自衛隊第7音楽隊による演奏を皮切りに、仮面ライダージオウショー、ウルトラウインタークイズなどが行われ、来場者を楽しませた。

 陸上自衛隊第7師団の支援隊が手掛けた「ちびっこすべり台」では、多くの子どもたちが列をつくって順番に滑り、はしゃぐ声が響き渡った。

 ドラム缶をこんろ代わりにしてジンギスカン料理を楽しむ「しばれ焼き」は今年も舌鼓を打つ人たちで大にぎわい。会場で知り合った8人でドラム缶を囲んだブラジル出身の運輸業、向山トミオさん(41)は「初めて味わったがおいしかった。きょう苫小牧に来たばかり。祭りは好きなので楽しみたい」と笑顔。家族5人で味わっていた柏木町の山川裕さん(67)は「とてもおいしい。天気も良くて最高。これから孫を滑り台に連れていこうと思っています」と語った。

 午後からは、実行委が無料招待した胆振東部地震の被災地である厚真、安平町の11人も参加し、しばれ焼きやステージなどを楽しんだ。

 3日は、よしもとお笑いライブ(なかやまきんに君など4組)やご当地アイドル「タッチ」のライブなどが予定されている。2日は午後7時まで。3日は午前10時~午後6時。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...