北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

氷都の祭典・とまこまいスケートまつり開幕 「しばれ焼き」堪能、ステージも大盛況

しばれ焼きを楽しむ市民=2日午前11時ごろ、苫小牧市若草町の中央公園

 苫小牧の冬を彩る第53回とまこまいスケートまつり(実行委員会主催)が2日開幕した。メイン会場の中央公園(苫小牧市若草町)は初日から、名物「しばれ焼き」を楽しむ家族連れや巨大滑り台に歓声を上げる子どもたちの笑顔であふれた。人気キャラクターや歌謡ショーなど多彩なステージも行われ、会場は大いににぎわっている。まつりは3日まで。

 初日は一時雪に見舞われたが、開場の午前10時から多くの市民らでにぎわった。ステージでは同11時に開会宣言。陸上自衛隊第7音楽隊による演奏を皮切りに、仮面ライダージオウショー、ウルトラウインタークイズなどが行われ、来場者を楽しませた。

 陸上自衛隊第7師団の支援隊が手掛けた「ちびっこすべり台」では、多くの子どもたちが列をつくって順番に滑り、はしゃぐ声が響き渡った。

 ドラム缶をこんろ代わりにしてジンギスカン料理を楽しむ「しばれ焼き」は今年も舌鼓を打つ人たちで大にぎわい。会場で知り合った8人でドラム缶を囲んだブラジル出身の運輸業、向山トミオさん(41)は「初めて味わったがおいしかった。きょう苫小牧に来たばかり。祭りは好きなので楽しみたい」と笑顔。家族5人で味わっていた柏木町の山川裕さん(67)は「とてもおいしい。天気も良くて最高。これから孫を滑り台に連れていこうと思っています」と語った。

 午後からは、実行委が無料招待した胆振東部地震の被災地である厚真、安平町の11人も参加し、しばれ焼きやステージなどを楽しんだ。

 3日は、よしもとお笑いライブ(なかやまきんに君など4組)やご当地アイドル「タッチ」のライブなどが予定されている。2日は午後7時まで。3日は午前10時~午後6時。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...