北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

木札飛ばし熱戦展開・大櫃旗争奪全日本下の句歌留多【美深】

夜を徹して熱戦を繰り広げた出場者

 第28回記念大櫃旗争奪全日本下の句歌留多大会が、2、3の両日、びふか温泉で開かれた。全道各地から47チームが出場し、夜を徹して木札を飛ばし合い熱戦を繰り広げた。

 全日本下の句歌留多協会美深支部(仁木幸雄支部長)、美深纏歌留多倶楽部(菅野勝義会長)が主催。同倶楽部で長にわたり運営指導し、北部北海道歌留多連合会長を務めた故・大櫃亥熊さんの名を冠した恒例の大会。愛好者の底辺拡大によるかるた振興と継承を目的に開催。

 今年も全道各地のクラブ、愛好会から一般のA級に8チーム、B級に35チーム、60歳以上のSA級に4チームが出場。2日午後5時から道北、道東チームを対象とした試合に続き、同7時半から全チームによる大会をスタート。競技は夜を徹して行われ、翌3日午前11時ごろまで続いた。

 試合は各部とも一発勝負のトーナメント戦。保護者や大会関係者らが試合の行方を見守る中、読み手の声に耳を集中させながら鋭い手さばきや、気合の入った声を出しながら木札を素早くはじき飛ばすなど、緊迫した試合を繰り広げていた。

 結果は次の通り。  ▽A級(1)稚内北都の金(新田浩司、村里正二郎、奥平麻鈴)(2)深川北陽の飛龍(3)岩見沢梅ヶ枝の梅、天塩天龍の龍

 ▽B級(1)岩見沢梅ヶ枝の松(木川聡美、相馬豪、石川綾乃)(2)初山別北海の吹雪(3)旭川赤翼の龍、岩見沢梅ヶ枝の枝

 ▽SA級(1)遥香(工藤忠幸、島田一敏、山本春香)(2)枝美名(3)苫札岩、函岳

 ▽敢闘賞=田中希真英(名寄風連銀嶺の籠楽)、木村祥子(留萌龍華の如く)、森陽洋(札幌北門の鶴)、中野裕一郎(苫小牧樽前の柊)

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス