北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

原油タンクの定期検査始まる 12月までに14基-苫東石油備蓄

設備点検を行う作業員。原油を抜いた空のタンク内で安全性の確認を進めている

 苫小牧市と厚真町にまたがり設置されている原油備蓄タンクの定期検査が順調に進んでいる。苫東石油備蓄苫小牧事業所(苫小牧市静川)では今年、全57基のうち14基を対象に実施。先月末にスタートし、作業員らがタンク内のスペースに入り込んで汚れ落としや設備の安全性確認などを行っている。12月まで協力会社などから1日最大300人が作業に当たり、検査を完了させる計画だ。

 原油タンクは鋼板製で厚さ12ミリ~37ミリ、高さ24・5メートル、直径82メートル、外周258メートルでジャンボ機1機が収まる巨大な造り。1基当たり11万4800キロリットルの原油を貯蔵、タンク上部の浮き屋根で劣化や成分の蒸発を防いでいる。

 定期検査は消防法で8年に1度行うことが義務付けられ、同事業所もほぼ毎年一定数のタンクを対象に実施している。具体的には備蓄中の原油を別のタンクに入れ替え、沈殿物や油分を除去。2~3カ月かけてタンク構造などに問題がないかを調べ、必要に応じて補修。消防立ち会いの水張り検査で合格できればタンクを再塗装して完了する。

 現在はタンク内部を洗浄中で、越後裕副所長は「胆振東部地震で操業に支障を来す大きな被害はなかった。定期検査をはじめ安全対策の徹底で日本最大の国家石油備蓄基地を守っていく」と語った。

 原油価格の高騰などに備えた国の石油備蓄基地は全国に10カ所あり、道内は苫小牧東部地区に1984年から段階的に整備・運用。同事業所では国内で消費される14日分(640万キロリットル)を57基のタンクで貯蔵している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...