北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

原油タンクの定期検査始まる 12月までに14基-苫東石油備蓄

設備点検を行う作業員。原油を抜いた空のタンク内で安全性の確認を進めている

 苫小牧市と厚真町にまたがり設置されている原油備蓄タンクの定期検査が順調に進んでいる。苫東石油備蓄苫小牧事業所(苫小牧市静川)では今年、全57基のうち14基を対象に実施。先月末にスタートし、作業員らがタンク内のスペースに入り込んで汚れ落としや設備の安全性確認などを行っている。12月まで協力会社などから1日最大300人が作業に当たり、検査を完了させる計画だ。

 原油タンクは鋼板製で厚さ12ミリ~37ミリ、高さ24・5メートル、直径82メートル、外周258メートルでジャンボ機1機が収まる巨大な造り。1基当たり11万4800キロリットルの原油を貯蔵、タンク上部の浮き屋根で劣化や成分の蒸発を防いでいる。

 定期検査は消防法で8年に1度行うことが義務付けられ、同事業所もほぼ毎年一定数のタンクを対象に実施している。具体的には備蓄中の原油を別のタンクに入れ替え、沈殿物や油分を除去。2~3カ月かけてタンク構造などに問題がないかを調べ、必要に応じて補修。消防立ち会いの水張り検査で合格できればタンクを再塗装して完了する。

 現在はタンク内部を洗浄中で、越後裕副所長は「胆振東部地震で操業に支障を来す大きな被害はなかった。定期検査をはじめ安全対策の徹底で日本最大の国家石油備蓄基地を守っていく」と語った。

 原油価格の高騰などに備えた国の石油備蓄基地は全国に10カ所あり、道内は苫小牧東部地区に1984年から段階的に整備・運用。同事業所では国内で消費される14日分(640万キロリットル)を57基のタンクで貯蔵している。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...