北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

昨年貿易額 1.6パーセント減の58億円―支署管内【根室】

 根室税関支署は1月30日、平成30年の管内外国貿易概況をまとめた。輸出入貿易額を合わせた貿易総額は58億1,831万円で前年を1.6パーセント下回ったものの、3年連続で50億円を上回った。一方、貿易船の総入港隻数は361隻で前年比5.5パーセント減となり、全てロシア国籍の船舶だった。

 まとめによると、輸入貿易総額は58億1,831万円で前年比1.6パーセント減。このうち、輸出額は同46.6パーセント減の1億119万円で三年ぶりに減少。輸入額も同0.1パーセント減の57億1,713万円で3年ぶりに減少となったが、輸出入額合計では3年連続で50億円を上回った。

 輸出の主要品目は輸送用機器が5,800万円と全体の57.1パーセントを占め、次いで漁網が1,400万円で同13.6パーセントを占めた。また、漁網が前年比2.7倍となったが、輸送用機器が43.7パーセント減、一般機械が同80.6パーセント減となったことから全体で同46.6パーセント減少となった。

 輸入の主要品目では生鮮魚介類が55億4,400万円で、全体の97.0パーセントを占めて1位となり、次いで冷凍魚介類が1億5,200万円で2.7パーセントを占めた。前年に比べカニが96.2パーセント減少したが、活ウニが2.9パーセント増加したため、生鮮魚介類は200万円増。魚介類調整品も全増となったが、冷凍サケ・マスが前年比98.7パーセント減となり、冷凍魚介類全体で同85.4パーセント減少となった。全体では0.1パーセント減。

 花咲港への外国貿易船の総入港隻数は361隻で前年比5.5パーセント、21隻減。全てロシア国籍船舶だった。入港隻数は平成23年の515隻を境に24年は452隻、25年は380隻、26年は373隻、27年は341隻と年々減少。28年は5年ぶりに387隻と前年を上回ったが、29年は382隻、30年は361隻で2年続けて減少した。

 同時に発表された平成30年12月分の管内外国貿易概況は、輸出入額の合計が前年同月比46.8パーセント減で、輸出はなかった。輸入額は4億4,075万8,000円で同45.9パーセント減。生鮮魚介類の活ウニが4億1,159万2,000円で全体の93.4パーセントを占め、冷凍魚介類のエビが921万6,000円で同2.1パーセント、残りが冷凍魚介類のその他で同4.5パーセントとなっている。入港隻数は前年同月比20隻減の21隻だった。

関連記事

苫小牧民報

東京・恐竜博、むかわ竜大人気 「予想以上に大きい」「すごい発見」

 東京・上野の国立科学博物館で13日に始まった「恐竜博2019」で、初めてむかわ町の外に飛び出し、全国デビューを果たしたハドロサウルス科の恐竜化石「むかわ竜」(通称)。全身8メートル、高さ4メー...

苫小牧民報

ギター製作に熱 道産木材製ブランド立ち上げ目指す-恵庭の鹿川さん

 恵庭市内でギター工房を営む鹿川慎也さん(32)が、製作に熱を込めている。北海道産の木材を使った独自のブランド立ち上げを目指しており、「周囲の人と一緒に楽しんでもらえるギターを作りたい」と目を輝...

十勝毎日新聞

最新農業に注目 管内畑、牧場で分科会 同友会【十勝】

 道中小企業家同友会の全道農業関連部会交流会は12日午後、管内の畑や牧場で分科会を開いた。「畑作の協同経営」「企業連携」など九つのテーマに分かれ、十勝で展開されているスマート農業や先進的な衛生管理...

十勝毎日新聞

協力隊に高津さん 観光客と地域の交流拠点を【更別】

 更別村の地域おこし協力隊として、元本紙記者の高津祐也さん(28)が着任した。産業課に所属し、空き家を活用した観光客や地域住民らが交流できる拠点スペースづくりに取り組んでいる。高津さんは「協力隊員...

十勝毎日新聞

CS推進 町の役割考える 町職員が研修会【幕別】

 今年度からコミュニティ・スクール(CS)を導入した幕別町で12日、職員向け研修会が開かれた。各課の職員が、町内の小中一環教育とCSの取り組みについて理解を深め、所属課としてどのようにCSに関わる...