北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

アマチュア無線クラブが記念交信「北方領土の日」PR【根室】

納沙布岬から全国に北方領土の日記念交信を呼び掛ける根室アマチュア無線クラブの会員

 根室アマチュア無線クラブ(山本修司会長)は3日、納沙布岬にある北方領土啓発施設の北方館から「北方領土の日」にちなんだ記念交信を行い、啓発に一役買った。

 同クラブは、昭和56年の第1回北方領土の日に記念交信を行って以来、ほぼ毎年納沙布岬で記念運用を行って、全国と交信している。北方領土を指呼の間に臨む納沙布岬の「今」を伝え、記念交信証を発行することで、2月7日の北方領土の日を啓発している。

 この日の納沙布岬は、水晶島など歯舞群島がくっきりと視界に広がる好天に恵まれた。朝から現地に集合したクラブ員たちが屋上にアンテナ、2階の一室に機材を設置。全国のアマ無線愛好者に向けて呼び掛けた。山本会長は「携帯電話の普及などもあってアマチュア無線の愛好者は減っているため以前ほど多くないが、記念交信と記念QSLカードの発行を通して、北方領土の日をPRしていきたい」と話した。

 北方領土の日記念運用では、当初から姉妹都市黒部市のアマチュア無線クラブと友好交信も行っており、今年も姉妹クラブとしてエールを交換した。黒部市で北方領土の日記念運用を行った黒部アマチュア無線クラブの山本正義会長は「一人でも多く全国の愛好者と交信することで北方領土啓発を広げていければ」と電話取材に話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

黄金の実り 小麦収穫スタート【池田】

 十勝農業の「エース」秋まき小麦の収穫作業が、池田町内で始まった。黄金色に色づいた畑を大型のコンバインが音を立てて走り、実が詰まった麦穂を刈り取った。  約30ヘクタールで「きたほなみ」を作...

名寄新聞

阿部養鶏場が自家生産えっぐぷりん発売【下川】

 町内班渓の阿部養鶏場が、自家製卵「下川六〇酵素卵」と道産素材を使ったプリン『えっぐぷりん』を開発。24日に発売する。  「阿部養鶏場」は、昆布酵素、EM菌(有用微生物群)などを自家配合した餌...

十勝毎日新聞

シンガポールで十勝PR 振興局や食品会社 道フェアへ【十勝】

 十勝総合振興局の三井真局長や管内の食品加工業者は25、26の両日、シンガポールで開かれる北海道フェア(道主催)などで十勝の食や観光をPRする。  道は27日、どさんこプラザのシンガポール2...

函館新聞

高陽市が交流延期申し出 日韓関係悪化で【函館】

 函館市は22日、下半期に予定していた姉妹都市の韓国・高陽(コヤン)市との交流事業を延期することを明らかにした。日韓関係の悪化が理由で、姉妹都市になった2011年以降で交流事業の延期は初めて。 ...

函館新聞

函館出身の紫竹康太さん、8月4日に蔦屋で「バレエライブ」【函館】

 函館出身で東京在住のバレエダンサー、紫竹康太さん(26)が企画した音楽とダンスのイベント「Ballet LIVE(バレエライブ)」が8月4日に函館蔦屋書店で開かれる。小田桐陽一さん(カホン)、...