北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

旧イギリス領事館外壁補修へ 景観まちづくり刷新事業着々【函館】

函館市が外壁の改修工事を検討している開港記念館(旧イギリス領事館)

 国土交通省の「景観まちづくり刷新モデル地区」の指定を受け、函館市が2017年度から3年計画で取り組む観光地などの整備事業が着々と進んでいる。最終年度の19年度は新規事業として、開港記念館(旧イギリス領事館)の外壁改修や魅力的な眺めが楽しめる視点場の整備など3事業を予定。観光スポットの魅力や利便性を高めることで、市民や観光客の一層の来訪につなげたい考えだ。

 同館は市の有形文化財で、年間約6万人が訪れる名所。ただ、1913(大正2)年建築で、外壁の塗料がはがれるなど経年劣化が進んでいた。雨だれによる黒ずみも目立つことから外壁の全体的な補修を計画する。

 視点場は今年度の現地調査を基に、本格的な整備に着手。美しい自然を眺望できる場所でありながら、休憩スペースがないなど未整備の地点で、ベンチの設置や雑草の除去などを予定。新たな憩いの場を提供することで市民に地域への愛着を深めてもらうとともに、観光客の呼び込みも狙う。場所は西部地区の2カ所を想定し、最終調整中だ。

 さらに、函館山山麓駐車場の全面改修も検討。現在は、函館山ロープウェイの山麓駅近くにある市の遊休地を無料駐車場として暫定利用しているが、フェンスが腐食するなど景観を損ねていた。未舗装の路面整備なども計画し、駐車場を有料化する可能性もあるという。このほか、継続事業として、函館山遊歩道の整備や観光案内板の多言語化、市道の美装化にも取り組む。

 モデル地区の指定を受けて行う「景観まちづくり刷新支援事業」は、3年間で全13件。事業費の2分の1は国から補助を受け、補助金の総額は6~7億円となる見込み。

 これまで、JR函館駅と金森赤レンガ倉庫周辺を結ぶ市道中臨港通(通称・開港通り)の歩道拡幅や植栽などが完了。市の重要施策で、デザイン性の高い街並みを整備する「ガーデンシティ函館」の実現へ着実に歩を進める。市政策推進課は「事業を通してまちの魅力を一層高めたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...