北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

旧イギリス領事館外壁補修へ 景観まちづくり刷新事業着々【函館】

函館市が外壁の改修工事を検討している開港記念館(旧イギリス領事館)

 国土交通省の「景観まちづくり刷新モデル地区」の指定を受け、函館市が2017年度から3年計画で取り組む観光地などの整備事業が着々と進んでいる。最終年度の19年度は新規事業として、開港記念館(旧イギリス領事館)の外壁改修や魅力的な眺めが楽しめる視点場の整備など3事業を予定。観光スポットの魅力や利便性を高めることで、市民や観光客の一層の来訪につなげたい考えだ。

 同館は市の有形文化財で、年間約6万人が訪れる名所。ただ、1913(大正2)年建築で、外壁の塗料がはがれるなど経年劣化が進んでいた。雨だれによる黒ずみも目立つことから外壁の全体的な補修を計画する。

 視点場は今年度の現地調査を基に、本格的な整備に着手。美しい自然を眺望できる場所でありながら、休憩スペースがないなど未整備の地点で、ベンチの設置や雑草の除去などを予定。新たな憩いの場を提供することで市民に地域への愛着を深めてもらうとともに、観光客の呼び込みも狙う。場所は西部地区の2カ所を想定し、最終調整中だ。

 さらに、函館山山麓駐車場の全面改修も検討。現在は、函館山ロープウェイの山麓駅近くにある市の遊休地を無料駐車場として暫定利用しているが、フェンスが腐食するなど景観を損ねていた。未舗装の路面整備なども計画し、駐車場を有料化する可能性もあるという。このほか、継続事業として、函館山遊歩道の整備や観光案内板の多言語化、市道の美装化にも取り組む。

 モデル地区の指定を受けて行う「景観まちづくり刷新支援事業」は、3年間で全13件。事業費の2分の1は国から補助を受け、補助金の総額は6~7億円となる見込み。

 これまで、JR函館駅と金森赤レンガ倉庫周辺を結ぶ市道中臨港通(通称・開港通り)の歩道拡幅や植栽などが完了。市の重要施策で、デザイン性の高い街並みを整備する「ガーデンシティ函館」の実現へ着実に歩を進める。市政策推進課は「事業を通してまちの魅力を一層高めたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...