北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

旧イギリス領事館外壁補修へ 景観まちづくり刷新事業着々【函館】

函館市が外壁の改修工事を検討している開港記念館(旧イギリス領事館)

 国土交通省の「景観まちづくり刷新モデル地区」の指定を受け、函館市が2017年度から3年計画で取り組む観光地などの整備事業が着々と進んでいる。最終年度の19年度は新規事業として、開港記念館(旧イギリス領事館)の外壁改修や魅力的な眺めが楽しめる視点場の整備など3事業を予定。観光スポットの魅力や利便性を高めることで、市民や観光客の一層の来訪につなげたい考えだ。

 同館は市の有形文化財で、年間約6万人が訪れる名所。ただ、1913(大正2)年建築で、外壁の塗料がはがれるなど経年劣化が進んでいた。雨だれによる黒ずみも目立つことから外壁の全体的な補修を計画する。

 視点場は今年度の現地調査を基に、本格的な整備に着手。美しい自然を眺望できる場所でありながら、休憩スペースがないなど未整備の地点で、ベンチの設置や雑草の除去などを予定。新たな憩いの場を提供することで市民に地域への愛着を深めてもらうとともに、観光客の呼び込みも狙う。場所は西部地区の2カ所を想定し、最終調整中だ。

 さらに、函館山山麓駐車場の全面改修も検討。現在は、函館山ロープウェイの山麓駅近くにある市の遊休地を無料駐車場として暫定利用しているが、フェンスが腐食するなど景観を損ねていた。未舗装の路面整備なども計画し、駐車場を有料化する可能性もあるという。このほか、継続事業として、函館山遊歩道の整備や観光案内板の多言語化、市道の美装化にも取り組む。

 モデル地区の指定を受けて行う「景観まちづくり刷新支援事業」は、3年間で全13件。事業費の2分の1は国から補助を受け、補助金の総額は6~7億円となる見込み。

 これまで、JR函館駅と金森赤レンガ倉庫周辺を結ぶ市道中臨港通(通称・開港通り)の歩道拡幅や植栽などが完了。市の重要施策で、デザイン性の高い街並みを整備する「ガーデンシティ函館」の実現へ着実に歩を進める。市政策推進課は「事業を通してまちの魅力を一層高めたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...