北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

最優秀賞に金澤さん 「五稜星の夢」フォトコン【函館】

再優秀賞に輝いた金澤さんの「夢のようなひと時」

 函館を代表する冬のイベント「五稜星の夢(ほしのゆめ)」イルミネーション」を題材にした写真コンテスト(五稜星の夢実行委主催)の審査がこのほど行われ、最優秀賞に函館市鍛治2のパート従業員、金澤治子さん(45)の「夢ようなひと時」が選ばれたほか、計8作品の入賞が決まった。

 冬の五稜郭公園を光で彩るイルミネーシイベントで、昨年12月1日から今年1月10日までに撮影されたものを対象とし、毎年同様の32点が寄せられた。

 金澤さんの作品は五稜郭タワー展望台から12月15日に撮影。内堀に取り付けられた約2000の電球が凍結した堀を温かみのある色に照らし、星型を画面に大きく描く中、背景に住宅街や街灯の明かりがちりばめられているように輝いている。この日郭内であったイベントの照明が普段と違う五稜郭を演出したほか、光の線を作るフィルターの効果もあり、幻想的な雰囲気になっている。

 金澤さんは「(このコンテストに)3度目の挑戦で受賞できうれしい。今年も何度かタワー展望台に上って写真をいろいろ試してみたかいがあった」と喜んでいた。作品は実行委が寄付した人などに送るお礼の絵はがきに使用される。

 五稜星の夢は28日までの午後5時から同8時まで点灯。24日は同5時から五稜郭タワーアトリウムで「ミニ消灯イベント」として写真コンテスト入賞者表彰式、はこだて観光大使の平田まりさんらが出演するステージイベントを行う。

 このほかの入賞者は次の通り(敬称略)。

 ▽優秀賞=「星に願いを」八木橋修悦(函館)、「輝く二の橋」山崎亮太(同)▽入選=「五稜の銀盤」相澤宗生(森)、「雪だるまの散歩」石澤理絵(函館)、「五稜に映る星と花」坂本弘子(同)、「雪明りの星」田村宏(同)、「煌めく五稜星の中へ」中澤幸雄(同)

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...