北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

最優秀賞に金澤さん 「五稜星の夢」フォトコン【函館】

再優秀賞に輝いた金澤さんの「夢のようなひと時」

 函館を代表する冬のイベント「五稜星の夢(ほしのゆめ)」イルミネーション」を題材にした写真コンテスト(五稜星の夢実行委主催)の審査がこのほど行われ、最優秀賞に函館市鍛治2のパート従業員、金澤治子さん(45)の「夢ようなひと時」が選ばれたほか、計8作品の入賞が決まった。

 冬の五稜郭公園を光で彩るイルミネーシイベントで、昨年12月1日から今年1月10日までに撮影されたものを対象とし、毎年同様の32点が寄せられた。

 金澤さんの作品は五稜郭タワー展望台から12月15日に撮影。内堀に取り付けられた約2000の電球が凍結した堀を温かみのある色に照らし、星型を画面に大きく描く中、背景に住宅街や街灯の明かりがちりばめられているように輝いている。この日郭内であったイベントの照明が普段と違う五稜郭を演出したほか、光の線を作るフィルターの効果もあり、幻想的な雰囲気になっている。

 金澤さんは「(このコンテストに)3度目の挑戦で受賞できうれしい。今年も何度かタワー展望台に上って写真をいろいろ試してみたかいがあった」と喜んでいた。作品は実行委が寄付した人などに送るお礼の絵はがきに使用される。

 五稜星の夢は28日までの午後5時から同8時まで点灯。24日は同5時から五稜郭タワーアトリウムで「ミニ消灯イベント」として写真コンテスト入賞者表彰式、はこだて観光大使の平田まりさんらが出演するステージイベントを行う。

 このほかの入賞者は次の通り(敬称略)。

 ▽優秀賞=「星に願いを」八木橋修悦(函館)、「輝く二の橋」山崎亮太(同)▽入選=「五稜の銀盤」相澤宗生(森)、「雪だるまの散歩」石澤理絵(函館)、「五稜に映る星と花」坂本弘子(同)、「雪明りの星」田村宏(同)、「煌めく五稜星の中へ」中澤幸雄(同)

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...