北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

これまで120人以上が卒団【浦河】

現役団員(前列、3列目の一部)や来賓、OB、指導者、保護者が集合して記念撮影

 浦河ポニー乗馬スポーツ少年団(近藤秀典会長)の創立20周年記念式典「馬いろ・次への一歩」が2日夜、浦河町大通3の浦河ウエリントンホテルで開かれ、団員や保護者、卒団生、歴代会長ら関係者約70人が節目を祝い、次代への躍進を誓った。

 同少年団は馬産地・浦河の子どもたちに、将来のホースマンとして小さなころから馬に親しんでもらおうと、平成10年(1998年)に発足。

 西幌別の乗馬公園を活動拠点に、軽種馬生産者や育成者が中心になり幼児から小中学生に乗馬の基本や楽しさを教え、これまで120人以上の団員が巣立っている。

 活動では、特に1月2日の西舎神社の騎馬参拝、浦河町で道予選があるJRA主催の全国ポニー競馬選手権(ジョッキーベイビーズ)の全国大会出場常連で、全国制覇した団員もいる。

 JRA日高育成牧場の平賀敦場長らも出席した式典はJRAのファンファーレで開会。団誕生20歳のバースデーとして、初代会長の中島雅春さんから現会長まで歴代4会長がケーキのロウソクの火を吹き消し、池田拓町長が「浦河の馬文化の一翼を担ってきた皆さんの活動に感謝し、30年、40年の団歴を重ねてほしい」とあいさいつし乾杯。

20歳の誕生日を祝いロウソクの火を消す歴代会長

 祝宴では、団OBでカナダでジョッキーとして活躍している木村和士さんの動画紹介や団員、卒団高校生よる歌などの余興で盛り上がった。

 また、少年団への記念品として、ポニー競馬用の勝負服3着を贈呈した。

 最後に近藤会長は「親御さんの熱い思いがあり、この20年間に多くの団員が技術や体力、礼儀、精神を培ってきた。この体験は馬の仕事についている人、そうでない人もきっと役立っているでしょう」とあいさつし、将来を担う子どもたちの団での活動に期待を込めた。

関連記事

根室新聞

シーサイドマラソン 景色楽しみ快走 味覚も満喫【根室】

 第3回「最東端ねむろシーサイドマラソン~北方領土を望む~」(根室市、市教委、釧路地方陸上競技協会主催)は18日、青少年センター前をスタート・ゴールとするハーフなど5種目で行われ、道内外から参...

根室新聞

大学ジャズ研の合宿誘致 夏の練習を涼しいまちで【根室】

 根室市移住交流促進協議会の新たな取り組み「大学サークル等誘致事業」の第一弾が23日、東京電機大学モダンJAZZ研究会の受け入れで始動する。同研究会は別当賀夢原館で3泊4日の合宿を行い、25日...

根室新聞

初の「うみっこ祭り」にぎわう【根室】

 根室海洋少年団(矢川和幸団長)は、18日午前10時から根室海上保安部駐車場などを会場に「根室うみっこ祭り」を初開催した。会場ではカヌー体験や縁日コーナーなどが設けられ、訪れた家族連れなどが楽しむ...

日高報知新聞

「ベラルーシ」で国際交流【日高】

【日高】北海道代表として白(ハク)ロシアのベラルーシ共和国への友好派遣団に参加した富川高生の報告会が16日、同高体育館で開かれた。  東京電力福島第1原発事故後の翌2012年(平成24年)に始ま...

日高報知新聞

水森かおりさんが美声披露【えりも】

【えりも】えりもの夏恒例の「第46回えりもの灯台まつり」が14~16日、本町の灯台公園を主会場に開かれ、観光客やお盆の帰省客を含む2万1000人(実行委発表)が来場して、歌謡ショーや郷土芸能、バンド...