北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「わが村は美しく―北海道」運動優秀賞 歯舞マリンビジョンに表彰状贈呈【根室】

田澤次長から小倉会長へ表彰状が贈呈された

 道開発局主催の「わが村は美しく―北海道」運動第9回コンクールで4日、歯舞漁協で表彰式が行われ、優秀賞を受賞した歯舞地区マリンビジョン協議会に表彰状が贈呈された。

 コンクールは自然的・社会的・歴史的に特徴のある景観を形成してきた北海道の農山漁村がより美しくあるため、地域の魅力と活力を高めようとする住民主体の活動を見いだし、広く発信、普及させていくことで、農山漁村の振興に寄与することを目的に実施。平成13年から二年に一度開催されている。

 今回は全道61団体(59市町村)の応募の中から選考の結果、優秀賞に歯舞地区マリンビジョン協議会を含め13団体、奨励賞に21団体が輝いた。

 歯舞地区マリンビジョン協議会は第4回大会の地域特産物部門での金賞に続く受賞となった。来年度は今回表彰された優秀賞13団体から大賞が決まる。

 歯舞地区マリンビジョン協議会は、地域住民、関係企業の意識改革を促し、この地域にないものを無理にやるよりは、あるものを掘り起こしながらその特性を生かそうという明確なコンセプトの中で活動している。歯舞水産物のブランド化を進めているほか、都市漁村交流事業誘致活動を行い、産地市場セリ見学、昆布加工場見学、組合食堂朝食受け入れや、漁家民泊受け入れ、パノラマクルーズ体験など成果を上げている。

 また、全国各地で公演活動を行い、歯舞地区マリンビジョン協議会の活動内容や重点的に取り組んでいる「渚泊」について積極的に情報発信している。漁業振興、観光振興両方に寄与し、地域住民一体となって継続的に取り組んだことが評価された。

 4日午後に歯舞漁協で表彰式が行われ、道開発局釧路開発建設部の田澤裕之次長から歯舞地区マリンビジョン協議会の小倉啓一会長へ表彰状が贈呈された。

 主催者あいさつでは田澤次長が受賞理由を述べ、「今後も日本本土最東端の漁村に課せられた使命を、マリンビジョン活動を通じて果たしていきたいという熱意に地域活性化がより図られるものとして、受賞を契機にますますの発展、活躍を期待したい」と述べた。

 続いて、石垣雅敏根室市長が「水産物のブランド化への積極的な取り組み、全国各地に出向いて漁民泊や修学旅行の誘致などの活動は水産都市根室の発展に寄与するもので、まさに地域マリンビジョンのトップランナーとして活躍されている歯舞地区マリンビジョン協議会に感謝している。来年度は大賞を目指して頑張ってほしい」と祝辞を述べた。

 最後に小倉会長が「歯舞地区マリンビジョン協議会は平成18年の発足以来、約13年間活動しており、今回で二度目の受賞となった。これからも開かれた漁業に注目していただき、ますます人的交流を深めていきたい」とお礼を述べた。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...