北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

広陽小リコーダークラブ 4年ぶり全国大会へ【帯広】

合奏、重奏での全国行きを決め、笑顔の部員たち

 「第33回全道リコーダーコンテスト」(道リコーダー教育研究会主催)で、帯広広陽小リコーダークラブ(宮崎梨歩部長、部員17人)が重奏と合奏の2部門で全国大会の出場を決めた。4年ぶり2度目で、部員は「全国はみんな初めて。いい演奏をしたい」と張り切っている。

 大会は1月12日に札幌市で行われた。小・中・高校と一般の各部で計57チームが出場。独奏、重奏(二~五重奏以上)、合奏(同じパートが2人以上)の3部門で、広陽小は重奏と合奏で金賞に輝いた。十勝からの出場は同小のみ。

 合奏は「ノスタルジック・エア」(金子健治作曲)を演奏。3~6年生の部員全員が出場し、夏休み明けから放課後を中心に練習を重ねた。

 ゆったりとした曲調だが、その分「音と音がぶつからないよう響かせるのが大変だった」と副部長の原彩月(さいら)さん(5年)。一般的なソプラノやアルトのほか、テナーやバスなど7種類のリコーダーを使った多彩な音を合わせること、また3年生が8人と多いことから後輩指導にも気を使った。

 本番では「ホールの響きが良く、一番いい出来だった」と原さん。全国に向けて「金賞を目指して練習していきたい」と意気込んでいる。

 重奏は原さん、同じく副部長の庄司唯菜さん(5年)が出場。二重奏で「4つのアメリカのダンス」(デュアルテ)を演奏し、部を指導する同小の嶋本勇教諭がギター伴奏した。

 本番では「2人だけなので緊張した。音程が合わなかったところも」と庄司さん。速い曲はリズムを崩さないよう不安もあったが、ミスなく演奏を終えた。

 昨年五重奏で出場したことをきっかけに仲が深まり、練習では笑顔も多い。楽譜に記した「世界一聞いている人が笑顔になるような演奏」を目指し、全国での活躍を誓っている。

 全国大会は3月30日、東京で開かれる。

◆23日にフェス
 十勝リコーダーフェスティバルが23日午後1時半から、帯広市内のとかちプラザ・アトリウムで開かれる。同部も全国出場を決めた曲を含めて演奏する。入場無料。問い合わせは嶋本さん(090・7658・8418)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...