北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

広陽小リコーダークラブ 4年ぶり全国大会へ【帯広】

合奏、重奏での全国行きを決め、笑顔の部員たち

 「第33回全道リコーダーコンテスト」(道リコーダー教育研究会主催)で、帯広広陽小リコーダークラブ(宮崎梨歩部長、部員17人)が重奏と合奏の2部門で全国大会の出場を決めた。4年ぶり2度目で、部員は「全国はみんな初めて。いい演奏をしたい」と張り切っている。

 大会は1月12日に札幌市で行われた。小・中・高校と一般の各部で計57チームが出場。独奏、重奏(二~五重奏以上)、合奏(同じパートが2人以上)の3部門で、広陽小は重奏と合奏で金賞に輝いた。十勝からの出場は同小のみ。

 合奏は「ノスタルジック・エア」(金子健治作曲)を演奏。3~6年生の部員全員が出場し、夏休み明けから放課後を中心に練習を重ねた。

 ゆったりとした曲調だが、その分「音と音がぶつからないよう響かせるのが大変だった」と副部長の原彩月(さいら)さん(5年)。一般的なソプラノやアルトのほか、テナーやバスなど7種類のリコーダーを使った多彩な音を合わせること、また3年生が8人と多いことから後輩指導にも気を使った。

 本番では「ホールの響きが良く、一番いい出来だった」と原さん。全国に向けて「金賞を目指して練習していきたい」と意気込んでいる。

 重奏は原さん、同じく副部長の庄司唯菜さん(5年)が出場。二重奏で「4つのアメリカのダンス」(デュアルテ)を演奏し、部を指導する同小の嶋本勇教諭がギター伴奏した。

 本番では「2人だけなので緊張した。音程が合わなかったところも」と庄司さん。速い曲はリズムを崩さないよう不安もあったが、ミスなく演奏を終えた。

 昨年五重奏で出場したことをきっかけに仲が深まり、練習では笑顔も多い。楽譜に記した「世界一聞いている人が笑顔になるような演奏」を目指し、全国での活躍を誓っている。

 全国大会は3月30日、東京で開かれる。

◆23日にフェス
 十勝リコーダーフェスティバルが23日午後1時半から、帯広市内のとかちプラザ・アトリウムで開かれる。同部も全国出場を決めた曲を含めて演奏する。入場無料。問い合わせは嶋本さん(090・7658・8418)へ。

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...