北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

環境アセス方法書の縦覧【えりも】

【えりも】強風で知られるえりも町で20万KW(キロワット)級の大規模風力発電事業を計画しているアールイー・パートナーズ(大阪市淀川区中島4、池田昭洋社長)は、6日から3月6日までえりも町役場と浦河町の日高振興局で環境影響評価方法書の縦覧を行う。また、17、18の両日、町福祉センターで同社による住民説明会を開く。アールイー社に続き、ほぼ重なる地域で20万KW以上の風力発電事業を計画している日本風力開発(本社・東京)も3月から4月にかけ、計画段階環境配慮書の縦覧を実施する。

 太陽光発電開発や風力発電事業などを手掛けるアールイー社は、町内国道336号の町有上歌別牧野(旧北海道肉牛牧場)周辺など歌別・庶野一帯の2019㌶(多くは町有地。民家付近を除く)で、風力発電機最大48基(1基4200KW)、総発電出力20万1600KWの「えりも風力発電事業(仮称)」を計画。

 総事業費1000億~1200億円の大規模発電事業で、2023年2月の運転開始を目標に準備を進めている。

 同社の風力発電事業計画については昨年秋、えりも町役場産業振興課と日高振興局環境生活課で環境アセスメント手続きの計画段階環境配慮書の縦覧(誰でも縦覧可)をしており、この中で事業概要も説明している。

 今回の縦覧図書は、対象事業の目的や内容・実施区域、環境影響評価の項目や調査手法など、これから行う環境アセスメントの方法を伝えるもの。縦覧場所は前回と同じで、時間は役場産業振興課が平日午前8時45分から午後5時半、振興局環境生活課が午前9時から午後5時まで。

 環境アセスメント図書の段階は、方法書の後、環境アセスの結果を伝える「環境影響評価準備書」、準備書に対する意見を踏まえ、必要に応じて内容を修正した「同評価書」、環境保全措置の実施状況を伝える「環境保全措置等の報告書」がある。

 同社による住民説明会は、17日午後1時半、18日は午後1時半と午後6時からの2回。いずれも1時間半ほど。

 アールイー・パートナーズに続き、風力発電大手の日本風力開発も昨年、えりも町のほぼ重なる地域で20万KW以上の風力発電計画を明らかにしている。

 同社のえりも町での事業の計画段階環境配慮書の縦覧は、3月6日から4月5日まで日高振興局と、えりも町で行われる。

 平成8年からえりも岬で400KW2基の計800KWで売電してきた同社所有のえりも風力発電所の風力発電機はすでに解体しており、次の大型風力発電事業計画について、一連の環境アセスメントなどの準備と調査を進め、2020年代前半の稼働を目指している。

 ただ、発電機設置エリアは大半が町有地で、町有地貸与の協議は町議会も通したアールイー・パートナーズが先行している。

アールイー社の事業実施想定区域。斜線部分は居住地で除く

関連記事

根室新聞

シーサイドマラソン 景色楽しみ快走 味覚も満喫【根室】

 第3回「最東端ねむろシーサイドマラソン~北方領土を望む~」(根室市、市教委、釧路地方陸上競技協会主催)は18日、青少年センター前をスタート・ゴールとするハーフなど5種目で行われ、道内外から参...

根室新聞

大学ジャズ研の合宿誘致 夏の練習を涼しいまちで【根室】

 根室市移住交流促進協議会の新たな取り組み「大学サークル等誘致事業」の第一弾が23日、東京電機大学モダンJAZZ研究会の受け入れで始動する。同研究会は別当賀夢原館で3泊4日の合宿を行い、25日...

根室新聞

初の「うみっこ祭り」にぎわう【根室】

 根室海洋少年団(矢川和幸団長)は、18日午前10時から根室海上保安部駐車場などを会場に「根室うみっこ祭り」を初開催した。会場ではカヌー体験や縁日コーナーなどが設けられ、訪れた家族連れなどが楽しむ...

日高報知新聞

「ベラルーシ」で国際交流【日高】

【日高】北海道代表として白(ハク)ロシアのベラルーシ共和国への友好派遣団に参加した富川高生の報告会が16日、同高体育館で開かれた。  東京電力福島第1原発事故後の翌2012年(平成24年)に始ま...

日高報知新聞

水森かおりさんが美声披露【えりも】

【えりも】えりもの夏恒例の「第46回えりもの灯台まつり」が14~16日、本町の灯台公園を主会場に開かれ、観光客やお盆の帰省客を含む2万1000人(実行委発表)が来場して、歌謡ショーや郷土芸能、バンド...