北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

雪不足で八丁平、母恋の冬まつり中止にため息【室蘭】

 雪不足の影響で地域の冬のイベントが中止になっている。5日までの降雪量は例年の6割程度で、八丁平や母恋で行われる予定だったイベントは雪像や滑り台が造れず開催を見送った。一方、9日から雪像造りが始まる雪像ゆきまつりinだんパラは、予定通り実施する見通しで10基の雪の芸術が市民を楽しませる。

 室蘭地方気象台によると、5日現在、室蘭の累積降雪量は76センチで平年の65%にとどまる。同気象台は「北海道の南を通る低気圧が例年と比べ少なかったためではないか」と推測している。

 雪不足の影響で、2日に予定していた八丁平冬まつりは中止になった。雪像や滑り台が造れなかったためだ。「開催時期を変更することも視野に入れる必要を感じている」と同まつり実行委員会のメンバーは本音を漏らした。

 母恋ゆきまつり(9、10の両日)も開催取りやめが決まった。会場の地球岬小学校グラウンドに、雪の滑り台などが登場し、子どもたちがそりや古タイヤなどで遊べるイベント。ただ、今年は中止を決めた4日時点で、グラウンドには5センチほどの積雪しかなかった。主催する母恋世代の会の担当者は「最低でも30センチはないと厳しい」とため息をついた。

 一方、第40回むろらん冬まつり(17日)の雪像ゆきまつりinだんパラは、市民雪像造りが会場のだんパラスキー場で9日から始まる。同スキー場周辺の雪をかき集め、10基分の雪のブロックを用意した。「ここ2、3日の降雪で環境は整ってきている。安全面に配慮して進めていきたい」と意気込んでいる。

関連記事

室蘭民報

撮りフェス実行委が輪西でシャッター試験上映【室蘭】

 撮りフェスin室蘭2019(同実行委主催)が開かれる7月6日夜、輪西町商店街で同時開催するシャッター上映会の詳細が明らかになった。プロジェクター6台を駆使し、にぎやかだった時代の輪西の歩行者天...

室蘭民報

全国ものづくりコン道予選、工業高生ら技能競う【室蘭】

 ものづくりの技能や技術の向上を目的にした、第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会の木材加工部門北海道地区予選会が18日、室蘭市宮の森町の室蘭工業高校であった。室工をはじめ道内9校の代表生徒...

室蘭民報

クマ牧場総選挙で神セブン決まる、ベッキー頂点【登別】

 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町)が実施していた雌グマナンバーワンを決めるイベント・NKB総選挙2019の順位が確定した。上位7頭による“神セブン”を逃していた昨年8位のベッキーが、悲願の頂...

室蘭民報

ウポポイ応援でタッグ、初の浜フェス22、23日開催【白老】

 白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)と虎杖浜温泉ホテル(笠師利章社長)がタッグを組んで、民族共生象徴空間ウポポイの開設を応援する「浜フェス2019」を22、23の両日、国道36...

室蘭民報

「モルエラニの霧の中」試写会、市民ら300人魅了【室蘭】

 室蘭で撮影したご当地映画「モルエラニの霧の中」(坪川拓史監督)の特別試写会が16日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。一般向けの試写会は今回が初めてで、完成を待ちわびていた約300人が映画をじ...