北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トラクターBAMBA実行委が解散【更別】

解散を決めたトラクターBAMBAの実行委。中央は野矢実行委員長

 「国際トラクターBAMBA実行委員会」(野矢譲司実行委員長)は6日、更別村内で通常総会を開き、実行委を解散することを決めた。害虫の発生とまん延防止のため、昨年の大会以降の中止を決めた後、善後策を検討してきたが、大会の再開や代替イベントの開催は困難と判断した。2003年の初開催以降、村の一大イベントとして盛り上げてきた組織は、15年余りにわたる活動を終える。

 トラクターBAMBAは、17年に村内で発生した害虫のジャガイモシストセンチュウが機械の移動でまん延することを懸念し、実行委が昨年大会以降の開催中止を決めた。一方で組織は存続させ、新規イベントの開催を模索。昨年は村内で開かれた物販イベント「スロウ村の仲間たち 2018」や、姉妹都市の宮城県東松島市のかき祭りに出店し、地元農産物をPRした。

 この1年間、実行委員からはカスタムトラクターショーや冬の遊び場提供など新規イベントの案も挙がったが、具体化には結び付かなかった。

 総会では事務局が解散理由として、BAMBAの当初の目的を失い存在意義がなくなったことや、設立当時に比べ実行委員が増加し意見集約が難しくなったことなどを説明した。この日で組織としての活動を終えるが、会計の都合上、解散は11月30日とした。

 野矢実行委員長は「トラクターBAMBAは更別の魅力が全て詰まっているイベント。15回も続けてきたことを誇りに思い、先輩方に感謝の気持ち」と話した。

 トラクターBAMBAは、農業用トラクターをばん馬に見立てて、コンクリート製のそりを引くレース。初開催から17年の第15回大会までに、延べ18万人が来場した。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス