北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トラクターBAMBA実行委が解散【更別】

解散を決めたトラクターBAMBAの実行委。中央は野矢実行委員長

 「国際トラクターBAMBA実行委員会」(野矢譲司実行委員長)は6日、更別村内で通常総会を開き、実行委を解散することを決めた。害虫の発生とまん延防止のため、昨年の大会以降の中止を決めた後、善後策を検討してきたが、大会の再開や代替イベントの開催は困難と判断した。2003年の初開催以降、村の一大イベントとして盛り上げてきた組織は、15年余りにわたる活動を終える。

 トラクターBAMBAは、17年に村内で発生した害虫のジャガイモシストセンチュウが機械の移動でまん延することを懸念し、実行委が昨年大会以降の開催中止を決めた。一方で組織は存続させ、新規イベントの開催を模索。昨年は村内で開かれた物販イベント「スロウ村の仲間たち 2018」や、姉妹都市の宮城県東松島市のかき祭りに出店し、地元農産物をPRした。

 この1年間、実行委員からはカスタムトラクターショーや冬の遊び場提供など新規イベントの案も挙がったが、具体化には結び付かなかった。

 総会では事務局が解散理由として、BAMBAの当初の目的を失い存在意義がなくなったことや、設立当時に比べ実行委員が増加し意見集約が難しくなったことなどを説明した。この日で組織としての活動を終えるが、会計の都合上、解散は11月30日とした。

 野矢実行委員長は「トラクターBAMBAは更別の魅力が全て詰まっているイベント。15回も続けてきたことを誇りに思い、先輩方に感謝の気持ち」と話した。

 トラクターBAMBAは、農業用トラクターをばん馬に見立てて、コンクリート製のそりを引くレース。初開催から17年の第15回大会までに、延べ18万人が来場した。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...