北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ヒップホップ目指すは世界 「さくら」NZへ【帯広】

 帯広市内の社会参加型デイサービスさくらの利用者らによるダンスチーム「エイム・ダ・さくら」が、ヒップホップダンスの“海外武者修行”に旅立つ。25日から3月4日まで5泊8日の日程でニュージーランドを訪問し、活動の原点となったドキュメンタリー映画「はじまりはヒップホップ」の出演者と交流したり、現地にある世界的なダンススタジオの体験レッスンに参加したりする。平均年齢84歳の帯広のダンスチームが、いよいよ海外進出する。

海外に進出する平均年齢84歳のダンスチーム「エイム・ダ・さくら」の練習風景

 エイム・ダ・さくらは、2016年秋に結成された。当初は利用者らの体力増進が主な目的だったが、同映画に登場したダンスチーム「ヒップオペレーションクルー」のように、ラスベガスで開かれるヒップホップの世界大会に出場する夢を持つようになった。

 昨年4月には初めてヒップホップダンスの全国大会「オールジャパン・ヒップホップダンス・チャンピオンシップ」に特別参加。今年は4月の同大会で審査を受け、8月にラスベガスで行われる世界大会に出場することを目標にしている。

 今回のニュージーランドツアーは、全国、世界に向けてメンバーが度胸をつけ、ダンスに磨きをかけることが目的。現地でヒップオペレーションクルーと交流するなかでダンスへの心構えを学ぶ。

 さらにニュージーランド出身の世界的振付師パリス・ゲーベルさんの手がける「パレスダンススタジオ」でレッスンに参加し、世界大会進出に向けて必要な技を磨く考えだ。

 今回ツアーに参加するのは70~80代の5人。高齢になって初めて海外を体験する人が大半だという。

 社会参加型デイサービスさくらを運営する花の久保利佳専務は「人生のピークは30~50代と言われるが、高齢者になっても見たこともない場所に行ったり、新しいことを体験したりして高齢者が輝けるということを『エイム・ダ・さくら』と一緒に見せたい。十勝の皆さんに、ぜひ注目し、応援してほしい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...