北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「幻の橋」今年も 糠平湖タウシュベツ橋梁【上士幌】

 厳寒期を迎えた上士幌町内の糠平湖で、湖底に沈んでいた旧国鉄士幌線の橋の一つ「タウシュベツ川橋梁(きょうりょう)」が全景を現した。老朽化により崩れつつあるコンクリート橋を一目見ようと、連日多くの観光客が訪れている。

全景を現したタウシュベツ川橋梁

 タウシュベツ川橋梁は、1937(昭和12)年に完成した全長130メートル、高さ約10メートルのアーチ橋。ダム湖の水位によって姿を現す「幻の橋」として人気を集める。水没の繰り返しなどで近年はコンクリートの劣化が激しく、一部で崩落が進んでいる。

 例年この時期から8月ごろまで橋の景観が楽しめるが、昨夏は大雨の影響で川の水位が急上昇し、6月に沈んだ。水量が多いため姿を現すのが遅れることも予想されたが、発電により水位が順調に下がり、例年通りに落ち着いた。

 タウシュベツ川橋梁へは五の沢橋梁から片道2キロの道のり。湖面いっぱいに広がる雪原をスノーシューを履いて進むツアー客らの姿が多く見られる。米国から友人と訪れた自営業の浅尾一郎さん(74)は「想像以上に大きく迫力がある。朽ちていくコンクリートに歴史を感じる」と感激した様子だった。

 損傷が激しい橋の中央部は、コンクリートや鉄骨が剥がれ落ち、崩壊が刻々と進んでいることがうかがえる。

 NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターの河田充代表は「完全な姿で見られるのもあとわずかかもしれない」と話している。

 同センターでは今月末まで、タウシュベツ川橋梁の見学ツアーを行っている。問い合わせは同センター(01564・4・2261)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス