北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「幻の橋」今年も 糠平湖タウシュベツ橋梁【上士幌】

 厳寒期を迎えた上士幌町内の糠平湖で、湖底に沈んでいた旧国鉄士幌線の橋の一つ「タウシュベツ川橋梁(きょうりょう)」が全景を現した。老朽化により崩れつつあるコンクリート橋を一目見ようと、連日多くの観光客が訪れている。

全景を現したタウシュベツ川橋梁

 タウシュベツ川橋梁は、1937(昭和12)年に完成した全長130メートル、高さ約10メートルのアーチ橋。ダム湖の水位によって姿を現す「幻の橋」として人気を集める。水没の繰り返しなどで近年はコンクリートの劣化が激しく、一部で崩落が進んでいる。

 例年この時期から8月ごろまで橋の景観が楽しめるが、昨夏は大雨の影響で川の水位が急上昇し、6月に沈んだ。水量が多いため姿を現すのが遅れることも予想されたが、発電により水位が順調に下がり、例年通りに落ち着いた。

 タウシュベツ川橋梁へは五の沢橋梁から片道2キロの道のり。湖面いっぱいに広がる雪原をスノーシューを履いて進むツアー客らの姿が多く見られる。米国から友人と訪れた自営業の浅尾一郎さん(74)は「想像以上に大きく迫力がある。朽ちていくコンクリートに歴史を感じる」と感激した様子だった。

 損傷が激しい橋の中央部は、コンクリートや鉄骨が剥がれ落ち、崩壊が刻々と進んでいることがうかがえる。

 NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターの河田充代表は「完全な姿で見られるのもあとわずかかもしれない」と話している。

 同センターでは今月末まで、タウシュベツ川橋梁の見学ツアーを行っている。問い合わせは同センター(01564・4・2261)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...