北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおいしく食べた。

ブロッコリー麺を食べる児童ら。右奥は山本会長

 「ブロッコリー麺」は、音更メロディーライン推進協議会(事務局・町商工会)の「食べる会」(安久津幸宏リーダー)が“ご当地ラーメン”の「音更ら~麺」として開発した。

 この日、提供されたのは、下音更、木野東、柳町、緑陽台、鈴蘭の5小学校。このうち、下音更小学校(原見寿史校長、児童278人)では、2年生2クラス(49人)に町商工会の山本英明会長、宮原達史町教育長ら町、商工会関係者が同席した。 

 山本会長は食事前のあいさつで「たくさんの地域からブロッコリー麺を食べに来てくれるように、みんなで宣伝してください。栄養満点のブロッコリー麺を食べて元気に過ごして」と語り掛けた。

 初めて食べる児童も多く、お代わりをした女児(7)は「緑色の麺がきれい。家族に『おいしかったよ』と伝えたい」と話した。

 山本会長は「町産小麦やブロッコリーなど誇れる素材は数多くあるが、メニュー提案ができていないと感じて開発に至った。子どもたちは『おいしい』と食べていたので非常に感触が良い」と胸を張った。

 また、「自分たちの町を誇れるよう、『ブロッコリー麺の町・音更』として盛り上げていくためにも、きょうの給食提供を含めて、発信の展開を考えていきたい」と語った。

 ブロッコリー麺は、28日に5中学校、3月7日に8小学校の給食でも提供される。

<「音更ら~麺」>
 麺の生地は音更町産の小麦粉「ゆめちから」と「キタノカオリ」をブレンド。製造は保刈製麺(帯広)に委託している。2017年10月、ガーデンスパ十勝川温泉で開かれた「第1回音更メロディーラインまつり」で「音更ら~麺村」と銘打ち、町内のラーメン店9店がそれぞれの味付けで初めて提供した。18年5月には「音更ら~麺組合」(阿部利徳組合長)が発足。現在、10店が提供し、各店を巡ると抽選で景品が当たるスタンプラリーを22日まで実施している。

関連記事

十勝毎日新聞

フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演【十勝】

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

室蘭民報

白老アイヌ協会が第一弾事業のカフェオープン【白老】

 一般社団法人格を今年5月に取得した白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、法人としての第1弾事業として「かふぇピラサレ」(アイヌ語で広げようの意味)を白老町コミュニティセンター1階にオープンさせた...

室蘭民報

幼稚園児がにっこり笑顔で「えったま収穫体験」【伊達】

 伊達市産越冬タマネギ「えったま333」の収穫体験が25日、伊達市上館山町のえったま共同圃場で開かれた。伊達幼稚園(河野美文園長)の園児たちが、真剣な表情で作業に当たっていた。  生産農家らで...

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...