北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ワインがつなぐ縁 厚真町に沖縄浦添市から支援金

ワイン開発で生まれた縁を大切にしたいと支援金の目録を手渡した松本市長(左)

 沖縄県浦添市の松本哲治市長が6日、厚真町役場を訪れて胆振東部地震の復興に活用してほしいと支援金30万円を寄付した。両自治体は互いの特産品を使用したワインを共同開発しており、その縁が今回の支援につながった。

 両自治体と苫小牧工業高等専門学校、浦添市シルバー人材センターが商品化した。ワインは、浦添市の特産品、島桑の果実と厚真町の特産品ハスカップを使用。フランス語で太陽の桑果実を意味する「Mure de soleil(ミュール・ドゥ・ソレイユ)」(750ミリリットル・税込み5400円)として180本を製造し、浦添市内の飲食店などで昨年12月に販売した。すでに完売したという。

 町と苫小牧高専が加わったのは、ワイン製造の過程で同市と同シルバー人材センターが、沖縄高専から食品加工などを研究している苫小牧高専の岩波俊介教授を紹介されたことがきっかけ。岩波教授がワインのほどよい酸味を出すのに厚真産のハスカップを使うことを提案した。

 支援金は市から20万円と市職員806人からの10万円で、松本市長が近藤泰行副町長に手渡した。松本市長は「北と南で距離は遠いが、復興に力を貸していきたい」と述べ、「今年もワインを製造するので協力をお願いします」と話した。

 今年は11月中旬ごろに発売する計画。300本を製造する見込みで、厚真町でも販売する予定だ。

 近藤副町長は「被災したハスカップ農家の励みになる。沖縄の人に厚真産ハスカップを知ってもらいたい」と話していた。

関連記事

函館新聞

巡視船「つがる」東南アジアへ出港 函館海保、海賊対策で派遣【函館】

 海上保安庁は17日、函館海上保安部の巡視船「つがる」(鈴木浩久船長、3100トン)を東南アジア周辺海域の海賊対策と日本・フィリピン・インドネシア3国合同排出油防除訓練のため、ブルネイとフィリピ...

函館新聞

世界卓球個人複銅メダル佐藤瞳選手に助成金贈呈 市スポーツ協会【函館】

 4月にハンガリーで開かれた世界卓球選手権大会・個人戦女子ダブルスで銅メダルに輝いた函館市出身の佐藤瞳選手(21、ミキハウス)に17日、市スポーツ協会(水島良治会長)から今後の活躍に向け助成金が...

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...