北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

野外劇7月12日開幕 箱館戦争終結150年にちなんだ場面も【函館】

8日間の夜公演開催を確認した野外劇の会総会

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)の2019年度通常総会が8日、五稜郭櫻(さくら)交流ハウスで開かれた。今年の公演は7月12日から8月10日までの毎週金、土曜日(8月2、3日を除く)の計8日間と決めた。

 中村理事長は「昨年は(本公演とは別の)ミニ公演が多く、PR効果があった。財政収支は篤志家の寄付もあり、7年連続で単年度黒字を確保できた。平成と共に歩んできた野外劇だが、次の時代も力を合わせて頑張りたい」とあいさつした。

 昨年と同じく、舞台は五稜郭公園一の橋広場付近で、「星の城、明日に輝け」と題して開く。箱館戦争終結150年にちなんだ場面設定を企画していくという。

 一方、14年の石垣崩落の影響で、野外劇は公演規模を縮小したままだ。観客数も初年度の1万4030人に比べると、昨年は2702人にまで落ち込んだ。総会後の意見交換では、「現在の420席では難しい」と客席数拡大を求める声も。元の舞台への復帰はめどが立っていないが、函館市との交渉継続を確認した。

 今年の主要キャストのオーディションは3月10日午後2時から、同ハウスで開かれる。締め切りは8日まで。問い合わせは同会事務局(0138・56・8601)へ。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...