北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。

店頭販売が始まったクラフトビール

 同ビールは、3町の商工会や飲食店関係者で構成する「食ブランド構築研究会」(2017年発足、観光地域づくり連携事業)が発案。帯広ビールの十河文英さんに製造を委託した。

 3町で盛んな林業を表すエゾヤマザクラが香るように-といった要望も伝え、実際に同サクラを漬け込んで造った。アルコール度は5%。ほのかな木の香りが特徴という。

 これまでは、3町内や東京などでのイベントで披露してきたが、次の段階として飲食店で提供することにした。本別では「源すし」(北4)「おやきやTOTTE」(北3)、足寄は「居酒屋いさりび」(南2)でメニューになり、1杯600円。

 6日夜、本別町内の主婦仲間で源すしを訪れた川初陽子さんは、クラフトビールを手に「濃厚な味わいだがフルーティー、香りも、のどごしもいい」と感想を語った。

 同研究会のメンバーらが出資し、クラフトビールなどを扱う合同会社「三ツ町商会」も立ち上がり、今後はビール提供店舗を増やしたい考え。社員の一人、源すしの池田圭吾社長は「本別、足寄、陸別の町のPRが大きな目的。札幌のビール専門店にも置いてあり、広がってくれたらうれしい」と話す。

関連記事

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...

十勝毎日新聞

今年も「十勝晴れ」 新酒、管内100店で一斉発売【十勝】

 音更町内の米と水などで造った純米吟醸「十勝晴れ」の新酒が4日、十勝管内の約100店舗で一斉に発売された。  「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)が2010年から続ける事業...

十勝毎日新聞

パフェの具 お好みに レストラントスカチーナ【帯広】

 柳月(本部音更町、田村昇社長)のレストラン「トスカチーナ」(帯広市西18南5)は1日から、好みの具材を選べる「オーダーメイドパフェ」を提供している。15日までの限定販売。  バレンタインデ...

室蘭民報

福呼ぶ恵方巻き、市内の各店舗が「味ある商戦」【室蘭】

 2月3日は「節分」。今年は東北東の方角を向いて恵方巻きを食べると縁起が良いとされている。室蘭市内の大型店や寿司(すし)店では、豊富な具材を包み込んだ恵方巻きに加え、アニメとコラボした商品が登...