北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

期日前投票所 歯舞にも開設へ【根室】

前回参院選の期日前投票

 根室市選挙管理委員会(水見信一委員長)は、7日投開票で行われる北海道知事選、道議選から、歯舞会館に期日前投票所を開設する。4、5の両日、午後1時から同7時までと制限はあるものの「利用状況などを検証し、充実させたい」としており、今夏行われる参院選からは厚床、落石地区でも期日前投票所の開設を予定している。

 期日前投票は、投票率向上対策の一環として平成15年12月の公職選挙法の改正で導入された制度。根室市では平成16年の第20回参議院選から導入され、有権者2万6,278人のうち11.91パーセントに当たる3,130人が利用。ちなみに昨年の市長選では、有権者2万2,258人に対し期日前投票者は3,348人で、期日前投票率は15.37パーセント。同選挙の投票率(48.50パーセント)の3分の1弱となるなど、制度導入15年余りですっかり定着している。

 一方、一次産業を基幹産業とする根室では、繁忙期に投票日が重なると、天候次第で投票率が大きく左右されるケースが散見されるほか、歯舞村、和田村との合併で行政エリアが東西に長いため、半島部や厚床地区から期日前投票所の市役所まで2、20キロメートルと離れているため「遠くて不便」といった声も聞かれ、増設を求める意見が多かった。市選管では「選挙人名簿などをチェックするオンラインシステムの安全性を検証し、二重投票などの懸念も払しょくされた」として、今春の道知事選、道議選から歯舞会館での開設を決めた。

 開設するのは7日の投開票日前の4日と5日の2日間で、午後1時から同7時まで。市選管では「日時などに制限はあるが、投票状況などを検証し、充実を図っていきたい」とし、今夏予定される参院選からは厚床、落石地区とさらに開設場所を増やしたいとしている。

 なお、市選管では8日、市役所に道知事選及び道議選根室市実施本部を設置。両選挙の管理執行に万全を期すとともに、明るい選挙の実現や若年者を中心にした投票率向上に向けた啓発活動などを展開。知事選は3月21日、道議選は3月29日に告示され、投開票は4月7日。市役所の期日前投票所は告示翌日から開設され、投票日前の6日まで午前8時半から午後8時まで受け付ける。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス