北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

9日朝、氷点下17.0度 32年ぶり【根室】

厳しい冷え込みによってハッタリ川で見られたけあらし(9日午前7時)

 観測史上最強クラスの寒波によって、根室は9日朝の最低気温が氷点下17.0度(午前6時37分)まで下がり、32年ぶりの厳しい寒さになった。けさは良く晴れて風もほとんどなかったことから、市内西浜町のハッタリ川ではこの冷え込みで水面から白く立ち上る霧が湯気のように漂う「けあらし」が見られた。

 根室で氷点下17度を観測したのは昭和62年(1987年)2月20日に氷点下17.9度を記録して以来。平成になってからは氷点下16度台に下がった記録もなく、平成最後の冬に記録的な大寒波に見舞われた。

 道内上空に寒波が流れ込んだ8日、札幌管区気象台は札幌の上空約1,500メートルで、昭和32年の統計開始以来最も低い氷点下24.4度を観測(速報値)したと発表。この観測史上最強の寒波は道内をすっぽりと覆い、根室も日中でも氷点下9度から10度前後という寒さになった。気温は午後になって下がり続け、深夜には氷点下13度台に突入。9日明け方には一気に氷点下15度を突破して、午前6時37分に同17.0度を観測した。

 根室では昭和6年2月18日に観測した氷点下22.9度が最低気温の極値。昭和53年2月には氷点下22度台を2日観測するなど大寒波に見舞われた記録があるが、昭和62年2月20日に氷点下17.9度を記録して以降、同17度以下に下がったことはなかった。平成になって以降は同15年2月20日に氷点下15.9度を記録したのが最低だった。

 アメダスによると9日朝の最低気温は、納沙布氷点下15.4度、厚床同24.4度まで下がり、いずれも今季最低。羅臼は同17.3度で観測史上最低を記録した。10日の天気予報では、根室の最低気温は氷点下10度、日中の最高気温は氷点下5度の予想で、9日ほどではないが引き続き厳しい寒さが続く。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス