北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

全国へ部員 待ってます 帯北高演劇部【帯広】

 昨年11月の全道高校演劇発表大会(札幌)で最優秀賞に輝き、文化系部活動のインターハイとも呼ばれる全国高校総合文化祭(総文祭=文化庁など主催)への出場権を得た帯広北高演劇部(多田隼脩部長、部員3人)。しかし、部員は全員3年生で7月の総文祭(佐賀県)には出られず、後を継いでその舞台に立つはずの後輩部員の確保も見通しが立っていない。総文祭の出場を決めた演劇部が、部員がいなくなり、一時的に事実上の廃部となるのは道内でも初めてという。

帯広北高現部員の引退公演となった高校演劇スペシャルデイのワンシーン(1月11日、札幌市で)。昼夜2回公演で約500人が訪れた

 帯広北高演劇部は昨年秋、十勝高校勢3年ぶりの総文祭出場を決めた。演目「放課後談話」は同校の実際の演劇部の状況を交え、顧問の加藤真紀子教諭が脚本を書いた作品。昨春、部員1人になった多田部長は、弓道部を引退した長崎凌馬さんを勧誘。当初は「地区大会出場まで」の条件だったという。

 地区大会、道大会を最優秀賞で通過したが、総文祭には出場できない現部員たち。総文祭は秋の道大会の翌年夏に行われるため、3年生は出場できない。例年、他校の場合は3年生が演じていた役や裏方を1、2年生が務めることで出場する。全国に進む部の部員が一度いなくなることについて、道高文連演劇専門部の木川田敏晴事務局長(帯広柏葉高教諭)は「2010年に鹿追高が口蹄疫(こうていえき)の影響で辞退したことはあったが、3月で部員がゼロになるのは知る限り例がない」と話す。

 今回の劇では多田部長と長崎さんが演者、舞台美術監修と音響を沼口瑚紅さん、そして照明を加藤教諭が務めた。総文祭では規定で裏方に教諭が携われないため、本番までに最低4人の部員が必要。

 1月には道大会で最優秀賞を得た高校が上演する「北海道高校演劇スペシャルデイ」が札幌市内で開かれ、3年生3人の引退公演となった。終了後のトークショーでは一人ひとりが感謝を口にし、多田部長は「演劇は全員が主役で(加藤教諭を含む)4人だからできた舞台。ここまで来られるとは思っていなかった。後輩にも良い化学反応が起これば」と期待を込めた。

 演劇だけでなく、総文祭は吹奏楽や書道、放送などがあり、現在の3年生は出場できない。管内高校の関係教諭は「少子化もあり、北高のようなことが今後も起こりうるかもしれない」と懸念、今後に向けた新たな対応策を求める声もある。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...