北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

装い一新、観光発信 多言語表示の案内板も-JR苫小牧駅自由通路

新しい案内板も設置し、苫小牧観光をアピールするJR苫小牧駅自由通路

 苫小牧市は、JR苫小牧駅の乗降客に苫小牧観光をアピールしようと、同駅自由通路内の装いを一新した。改札口正面の通路窓ガラスを歓迎メッセージやとまチョップのイラストで飾り、壁面には樽前ガローや名物ホッキ貝などの写真を掲げ、まちをPRしている。

 市が観光客受け入れ環境整備の一環で「見る、食べる、知る、遊ぶ」の四つをテーマに今月上旬、改札口正面から南口階段までの約40メートル区画の通路をリニューアルした。

 窓ガラスには、とまチョップが「Welcome to Tomakomai.」(ようこそ苫小牧へ)と、駅に降り立った観光客らを歓迎するデザインを施した。通路の柱や壁面には、独特の自然景観を誇る樽前ガローや樽前山、水揚げ日本一のホッキ貝、美しい工場夜景といった観光資源を捉えた地元写真家の作品を飾った。観光スポットを写真と地図で紹介する多言語表示の案内板も設置。パンフレット配布用のスペースも整え、苫小牧発信の機能を強化した。

 市は、市外のイベントなどで活用する観光ポスターも、自由通路に採用した「見る、食べる、知る、遊ぶ」のコンセプトを意識したデザインにし、誘客につなげる。

 JRを利用し苫小牧市内から白老東高校に通学している女子高校生は「自由通路が明るくなっていてびっくりした」と驚き、同級生も「外国人観光客に対応した工夫も見られて、どんどん取り組んでほしい」と期待を寄せていた。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...