北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

そらのレストラン装飾コンテストで最優秀賞 ソラシネマちとせ

トリックアートのような装飾を作ったソラシネマちとせ

 新千歳空港国内線ターミナルビル4階にある映画館「ソラシネマちとせ」がこのほど、映画「そらのレストラン」ディスプレーコンテストで最優秀賞を受賞した。作品をPRする館内の装飾の内容を競うもので、トリックアートのような立体的なデザインが評価された。来場者にとっては絶好の写真撮影スポットになっており、映画の上映期間となる21日まで展示する予定だ。

 コンテストは「そらのレストラン」製作委員会が主催。道内の上映劇場全14カ所が参加した。作品は大泉洋さんが主演の人間ドラマ。桧山管内せたな町でチーズ工房を営む主人公が、仲間たちと食材を持ち寄り一日だけのレストランをオープンするストーリー。

 ソラシネマちとせでは、館内にある縦3・2メートル、横3・6メートルのスペースに装飾を展開。青空の下に広がる丘の食卓上に料理が並ぶ構図。段ボール製のテーブルの一部が壁からせり出し、残りの部分は壁の中に伸びて実在するように見える。

 映画館のスタッフ18人が今年1月に2週間かけて制作した。背景は空や草原の写真を使用。食卓のパンや野菜は、紙や紙粘土で作った。

 テーブルの立体感を出すのが最大の難関で何度も試行錯誤を重ねながら、締め切り直前に急ピッチで作業を進めたという。

 作業の中心になった職員の遠藤周子さん(28)、佐々木望さん(26)は、いずれも作品のファンで、最優秀賞の受賞に驚きの表情。「自分がそらのレストランを開店しているような気分になれた」「おいしそうな食べ物が表現できた」とそれぞれ感想を語った。二人は「作品を見た人は『これはあの料理だ』とニヤリとしてほしいし、まだ見ていない人にはおいしそうな食卓を見て豊かな気分になって」と呼び掛けている。

 同映画館はこれまでも手作りの装飾による上映作品のPRに力を入れてきた。「またコンテストに参加したい」(遠藤さん、佐々木さん)と、今後の取り組みにも意欲的だ。

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...