北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

世界一の火文字楽しむ・「北の天文字焼き」2019【名寄】

太陽の丘に浮かび上がった天の文字と花火

 「北の天文字焼き」2019が同実行委員会(横澤博実行委員長)の主催で9日に名寄市旭東の通称「太陽の丘」で点火。美しい火文字が名寄の夜を彩り、多くの地域住民を楽しませた。

 「北の天文字焼き」は、1989年にスタートした郷土の火祭り。2011年で一時休止されたが、14年2月に復活。17年にはギネス世界記録に挑戦し、燃焼装置(ドラム缶)の数で火文字の大きさ世界一に認定。昨年に続き、なよろ雪質日本一フェスティバル(9日~11日)と同時開催となった。

 今年も市民有志による実行委員会をはじめ、自衛隊や市内事業所・団体などの支援で拡大実行委員会を組織。昨年11月にはドラム缶の配置間隔を記すポールを設置。今月4日からは、太陽の丘での道付けや圧雪・除雪作業、9日当日にはドラム缶の引き上げ・設置などの準備を行ってきた。

 太陽の丘では午後6時になると、実行委員や点火プレゼンターがたいまつリレーを開催。点火開始から25分後には、ドラム缶270個に火が行き渡り、縦220メートル、横150メートルの「天」の文字が太陽の丘に浮かび上がった。

 火文字が完成すると花火が打ち上げられ、純白の雪原に赤々と燃える天文字と、夜空に咲かせた火花が美しく彩った。

 地域住民をはじめ、世界一の火祭りを一目見ようと国内外から訪れた多くの観光客を楽しませた。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...