北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

地震被災者を応援【新冠】

橋本さん(左)の指導の下、ゴスペルソングを歌うワークショップの参加者たち

【新冠】胆振東部地震復興支援ゴスペルコンサート(実行委主催)は、15日午後6時半からレ・コード館町民ホールで開かれる。管内のワークショップ受講者も出演してコンサートを盛り上げる。

 同コンサートは浦河町出身の3人によるゴスペルシンガーズ「Wings(ウイングス)」が昨年12月に苫小牧市で行っており、今回で2回目となる。

 メンバーの一人で管内のピアノ教室講師や町内の合唱サークル「シングシング」を指導する橋本こずえさん=伊達市在住=や町内の読み聞かせの会「びっくり箱」代表の武田明美さんが中心となって実行委を設立し、町教委も後援する。

 コンサートではWingsと札幌市在住のピアニスト・寺西幸子さんのほか、橋本さんが町内で主宰するワークショップの参加者34人に加え、えりも町、苫小牧市、空知管内栗山町からも仲間が駆け付け、約40人の「復興支援マスクワイア」として出演。美宇子ども会大森みかぐらと新冠カピリフラサークルも友情出演する。

 レ・コード館で行われているワークショップ(参加費2500円)は、1月17日から計6回の予定だったが、より良いものを披露しようと3回増やして計9回実施する。小学生から60歳代までの男女がソプラノ、アルト、テナーの各パートに分かれて、橋本さんの指導の下、歌声に磨きをかけている。

 6日のワークショップでは、橋本さんが電子ピアノを演奏したり、CD音源に合わせて指揮を取りながら「地震で亡くなった方やその家族のためにも祈りを込めて歌いましょう」などとアドバイスしながら、気持ちを一つにして壮大なハーモニーを響かせていた。

 橋本さんは「ゴスペルの歌詞の意味の素晴らしさを音楽にのせて伝えることができたら」、実行委員長でワークショップにも参加している武田さんは「自分たちも被災者だが、被害の大きかった安平町、むかわ町、厚真町の方々に気持ちを寄せているということを形にしたい」とそれぞれ来場をPRしている。

 コンサートでは、「アメージンググレース」、「オーシャンゼリゼ」など11曲を披露する予定。入場料500円から経費を引いたものを被災地に寄付するほか、会場に募金箱も設置する。チケットはレ・コード館チケットセンターで販売中。問い合わせは武田さん(☎090・7514・4763)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...