北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

地震被災者を応援【新冠】

橋本さん(左)の指導の下、ゴスペルソングを歌うワークショップの参加者たち

【新冠】胆振東部地震復興支援ゴスペルコンサート(実行委主催)は、15日午後6時半からレ・コード館町民ホールで開かれる。管内のワークショップ受講者も出演してコンサートを盛り上げる。

 同コンサートは浦河町出身の3人によるゴスペルシンガーズ「Wings(ウイングス)」が昨年12月に苫小牧市で行っており、今回で2回目となる。

 メンバーの一人で管内のピアノ教室講師や町内の合唱サークル「シングシング」を指導する橋本こずえさん=伊達市在住=や町内の読み聞かせの会「びっくり箱」代表の武田明美さんが中心となって実行委を設立し、町教委も後援する。

 コンサートではWingsと札幌市在住のピアニスト・寺西幸子さんのほか、橋本さんが町内で主宰するワークショップの参加者34人に加え、えりも町、苫小牧市、空知管内栗山町からも仲間が駆け付け、約40人の「復興支援マスクワイア」として出演。美宇子ども会大森みかぐらと新冠カピリフラサークルも友情出演する。

 レ・コード館で行われているワークショップ(参加費2500円)は、1月17日から計6回の予定だったが、より良いものを披露しようと3回増やして計9回実施する。小学生から60歳代までの男女がソプラノ、アルト、テナーの各パートに分かれて、橋本さんの指導の下、歌声に磨きをかけている。

 6日のワークショップでは、橋本さんが電子ピアノを演奏したり、CD音源に合わせて指揮を取りながら「地震で亡くなった方やその家族のためにも祈りを込めて歌いましょう」などとアドバイスしながら、気持ちを一つにして壮大なハーモニーを響かせていた。

 橋本さんは「ゴスペルの歌詞の意味の素晴らしさを音楽にのせて伝えることができたら」、実行委員長でワークショップにも参加している武田さんは「自分たちも被災者だが、被害の大きかった安平町、むかわ町、厚真町の方々に気持ちを寄せているということを形にしたい」とそれぞれ来場をPRしている。

 コンサートでは、「アメージンググレース」、「オーシャンゼリゼ」など11曲を披露する予定。入場料500円から経費を引いたものを被災地に寄付するほか、会場に募金箱も設置する。チケットはレ・コード館チケットセンターで販売中。問い合わせは武田さん(☎090・7514・4763)へ。

関連記事

函館新聞

巡視船「つがる」東南アジアへ出港 函館海保、海賊対策で派遣【函館】

 海上保安庁は17日、函館海上保安部の巡視船「つがる」(鈴木浩久船長、3100トン)を東南アジア周辺海域の海賊対策と日本・フィリピン・インドネシア3国合同排出油防除訓練のため、ブルネイとフィリピ...

函館新聞

世界卓球個人複銅メダル佐藤瞳選手に助成金贈呈 市スポーツ協会【函館】

 4月にハンガリーで開かれた世界卓球選手権大会・個人戦女子ダブルスで銅メダルに輝いた函館市出身の佐藤瞳選手(21、ミキハウス)に17日、市スポーツ協会(水島良治会長)から今後の活躍に向け助成金が...

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...