北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

牧場スタッフを永年勤続表彰【新ひだか】

表彰された牧場スタッフと田中会長(右端)

【新ひだか】静内軽種馬生産振興会(田中裕之会長、131人)の第72回通常総会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、平成31年度事業計画などを承認した。

 冒頭で牧場スタッフ永年勤続表彰が行われ、田中会長は開会あいさつで「皆さんの努力と誠意が静内産馬の名声を支えていることは明らか。その時、その時代を支え、その技を次の時代につないでいく人たちを〝時の番人〟と言うそうで、皆さんはその役目であり、私もその一人でありたいと思っている。今後も健康に気を付け、後輩たちの良きアドバイザーとして頑張って」とねぎらった。

 続いて、来賓の木村実新ひだか町農林水産部長、平賀敦JRA日高育成牧場長、小倉正信しずない農協副組合長がそれぞれの立場で生産者に期待の言葉を送った。

 31年度事業計画では①中央と地方競馬の重賞レース優勝馬生産牧場表彰②牧場スタッフ永年勤続者表彰③振興会指定グレードレースの祝賀会④研修事業⑤功労馬慰霊祭⑥道営競馬への支援協力―などの実施を決めた。

 また、任期満了に伴う役員改選が行われた。任期は3年で会長、副会長は今後の役員会で互選する。  新役員と牧場スタッフ永年勤続表彰者は次の通り。

 ◇新役員

 ▽理事 谷岡康成(市街中野神森地区)、岡田隆寛(目名地区)、小倉光博(田原地区)、橋本孝博(同)、畠山史人(御園農屋地区)、片岡拓章(豊畑地区)、松田大地(同)、藤川尚貴(同)、田中実(真歌地区)、田中裕之(浦和地区)、友田康司(東静内地区)、酒井秀紀(川合西川地区)、坂本智広(同)、荒木貴宏(春立東別地区)

 ▽監事 服部健太郎、野坂真

 ◇牧場スタッフ永年勤続表彰

 ▽30年表彰 大山信雄(藤原牧場)

 ▽20年同 藤井啓之、前田剛、和井田千春(以上千代田牧場)

 ▽15年同 安孫子豊和、稲垣荘一、辻義則、辻和美、中島彰宏(以上千代田牧場)、加藤泰朗(矢野牧場)

 ▽10年同 河野健四郎(千代田牧場)、野表孝行(西村和夫牧場)、相原英人、大内成人、諸橋真治(以上フジワラファーム)

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...