北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみせた。シングル部門でも物質環境工学科4年の山下将太さん(19)が、特別賞「日本国連協会長賞」に輝き、“ダブル受賞”を喜んでいる。  チーム部門は、社会基盤工学科の飯田吟太さん(18)と澁谷弥優さん(17)、生産システム工学科情報コースの釜石健太郎さん(18)。同校の食堂や売店の昼食時の混雑解消に向けた調査内容を発表した。ビデオ審査を経て、全国大会に出場が決まった。  課題解決型学習(PBL)に取り組む中で、当初は混雑の原因は会計時の1人当たりの支払い時間の長さと考え、ICカードの導入を思案。しかし、スーパーバイザーの地元企業の指摘で再調査したところ、売店周辺の動線に問題があることに気が付き、ポールを置いて人の流れを抑制し、給湯設備を売店側に移動させることで混雑解消に一定の効果が現れた。この内容を手作りスライドと全編英語で発表した。  内容には自信を持っていたが、発音や伝え方に不安を覚えた3人。学科も違うため合同練習の機会は少なかったが、英会話スクールに通い語学力を磨き上げるなど努力を重ねた。  飯田さんと澁谷さんは「PBLの内容が評価されてうれしい。調査を深めることの重要性を知った」と振り返る。釜石さんは「3人で取り組む難しさもあったが、それ以上に1人では経験できない楽しさがあった」と話す。  一方、山下さんは、昨年のチーム部門での優勝に続く快挙。国内外で問題となっている海洋プラスチック問題を取り上げた。昨年11月の道予選では、文献を参考にした調査内容だけを発表し優勝、全国切符をつかんだ。近隣の戸倉中学校に出向いて発表した際に、生徒にアンケートを行った結果を全国大会に反映。「自分の中にはなかった前向きな発想が多く、とても参考になった」という。  順位発表では名前が呼ばれず諦めかけたが、最後に特別賞でコールされて喜びもひとしお。「どん底からの表彰台だったので、うれしさが大きかった。チームとは違う大変さが良い経験となった」と山下さん。  4人は早くも来年の大会に向けて準備を始め「準優勝が悔しかったので来年はリベンジしたい。シングルでもさらに上を目指す」と意気込む。

P=全国高専英語プレゼンテーションコンテストで好成績を収めたチーム部門の(左から)飯田さん、澁谷さん、釜石さん、シングル部門の山下さん

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...