北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を手渡した。  大使に就任したのは、タレントの藤岡みなみさん、映画監督の山岡信貴さん、フリーペーパー「縄文ZINE」編集長の望月昭秀さん。境会長は「世界遺産登録に向けた機運の醸成、縄文ファン拡大に力を貸してほしい」と述べた。  藤岡さんは「地域を巻き込んで縄文を盛り上げ、眠っている縄文愛を発掘していきたい」、山岡さんは「縄文の価値に気づいてもらう役割を果たしたい」と述べた。望月さんは「縄文が好きで勝手に応援しようとフリーペーパーを作っている。大使としてアピールしたい」と意気込んだ。  藤岡さんと望月さんは引き続き、同書店であったトークセッション「JOMONカフェ~いい機会だから、いろいろ縄文のこと」に出演した。  望月さんは2015年に創刊した「縄文ZINE」を紹介。表紙を飾るのは、土偶のポーズをまねたモデル「ドグモ」で、第3号の表紙が戸井貝塚出土の角偶のポーズをまねた藤岡さんで「今思うとこのときから(道南と)縁がありますね」と話した。このほか、北斗市出土の重要文化財「人形装飾付異形注口土器」や、森町出土の「イカ形(鐸形)土製品」など道南のユニークな出土品や同書店敷地が縄文中期の桔梗2遺跡であることなど、身近な縄文の楽しみ方を伝えた。  トークセッションは17日は午前11時、午後1時、同5時からの3回で、山岡さんと文筆家の譽田亜紀子さんが出演。また、同書店1階マルシェでは「ドキドキ縄文エキスポ」を開催。中空土偶(複製)の展示をはじめ、土器や土偶、土製品などを多数展示。体験コーナーもある。24日まで。

道南縄文応援大使の任命式に臨む(左から)望月さん、山岡さん、境会長、藤岡さん

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...