北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を手渡した。  大使に就任したのは、タレントの藤岡みなみさん、映画監督の山岡信貴さん、フリーペーパー「縄文ZINE」編集長の望月昭秀さん。境会長は「世界遺産登録に向けた機運の醸成、縄文ファン拡大に力を貸してほしい」と述べた。  藤岡さんは「地域を巻き込んで縄文を盛り上げ、眠っている縄文愛を発掘していきたい」、山岡さんは「縄文の価値に気づいてもらう役割を果たしたい」と述べた。望月さんは「縄文が好きで勝手に応援しようとフリーペーパーを作っている。大使としてアピールしたい」と意気込んだ。  藤岡さんと望月さんは引き続き、同書店であったトークセッション「JOMONカフェ~いい機会だから、いろいろ縄文のこと」に出演した。  望月さんは2015年に創刊した「縄文ZINE」を紹介。表紙を飾るのは、土偶のポーズをまねたモデル「ドグモ」で、第3号の表紙が戸井貝塚出土の角偶のポーズをまねた藤岡さんで「今思うとこのときから(道南と)縁がありますね」と話した。このほか、北斗市出土の重要文化財「人形装飾付異形注口土器」や、森町出土の「イカ形(鐸形)土製品」など道南のユニークな出土品や同書店敷地が縄文中期の桔梗2遺跡であることなど、身近な縄文の楽しみ方を伝えた。  トークセッションは17日は午前11時、午後1時、同5時からの3回で、山岡さんと文筆家の譽田亜紀子さんが出演。また、同書店1階マルシェでは「ドキドキ縄文エキスポ」を開催。中空土偶(複製)の展示をはじめ、土器や土偶、土製品などを多数展示。体験コーナーもある。24日まで。

道南縄文応援大使の任命式に臨む(左から)望月さん、山岡さん、境会長、藤岡さん

関連記事

函館新聞

湯の川で「夏詣」 にぎやかに厳かに【函館】

 函館湯の川温泉地区の夜を盛り上げる「夏詣NIGHT」(実行委主催)が20日、湯倉神社(湯川町2)と湯川寺(湯川町3)で開かれ、大勢の市民や観光客が地元の食やワークショップを楽しんだ。21日も午...

函館新聞

泳いで夏の笑顔 七重浜海水浴場海開き【北斗】

 【北斗】七重浜海水浴場(北斗市七重浜1)が20日、道南のトップを切って海開きした。開場に合わせて安全祈願祭を行い、管理運営に当たるさざなみ会の役員や市、警察、海上保安部の関係者ら約40人が開設...

苫小牧民報

ネパール人医師のマハルジャンさん、苫小牧で技術研修中 がん治療専門医目指す

 苫小牧ネパール協会(尾崎徹会長)の支援で来日したネパール人医師のスニル・マハルジャンさん(28)が今月から、苫小牧日翔病院(苫小牧市矢代町)で医療技術の研修に励んでいる。今後、他の病院にも出向...

日高報知新聞

市民交流の様子を紹介【新ひだか】

【新ひだか】7月1日から9日まで国際姉妹都市提携30周年の米国・ケンタッキー州レキシントン市を親善訪問し、市民らと交流を深めた訪問団が16日、町役場静内庁舎を訪れ、大野克之町長と本庄康浩副町長に帰...

日高報知新聞

若年層の投票参加を【浦河】

 21日投票の第25回参院選挙を前に、道選管日高支所と浦河高3年生4人が18日、町内の日高信金本支店と浦河赤十字看護専門学校を訪れ、生徒が作成したオリジナルの啓発リーフレットを配布し、投票率の低い若...