北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を手渡した。  大使に就任したのは、タレントの藤岡みなみさん、映画監督の山岡信貴さん、フリーペーパー「縄文ZINE」編集長の望月昭秀さん。境会長は「世界遺産登録に向けた機運の醸成、縄文ファン拡大に力を貸してほしい」と述べた。  藤岡さんは「地域を巻き込んで縄文を盛り上げ、眠っている縄文愛を発掘していきたい」、山岡さんは「縄文の価値に気づいてもらう役割を果たしたい」と述べた。望月さんは「縄文が好きで勝手に応援しようとフリーペーパーを作っている。大使としてアピールしたい」と意気込んだ。  藤岡さんと望月さんは引き続き、同書店であったトークセッション「JOMONカフェ~いい機会だから、いろいろ縄文のこと」に出演した。  望月さんは2015年に創刊した「縄文ZINE」を紹介。表紙を飾るのは、土偶のポーズをまねたモデル「ドグモ」で、第3号の表紙が戸井貝塚出土の角偶のポーズをまねた藤岡さんで「今思うとこのときから(道南と)縁がありますね」と話した。このほか、北斗市出土の重要文化財「人形装飾付異形注口土器」や、森町出土の「イカ形(鐸形)土製品」など道南のユニークな出土品や同書店敷地が縄文中期の桔梗2遺跡であることなど、身近な縄文の楽しみ方を伝えた。  トークセッションは17日は午前11時、午後1時、同5時からの3回で、山岡さんと文筆家の譽田亜紀子さんが出演。また、同書店1階マルシェでは「ドキドキ縄文エキスポ」を開催。中空土偶(複製)の展示をはじめ、土器や土偶、土製品などを多数展示。体験コーナーもある。24日まで。

道南縄文応援大使の任命式に臨む(左から)望月さん、山岡さん、境会長、藤岡さん

関連記事

十勝毎日新聞

ラリー北海道 疾走 しぶき豪快 競技スタート、22日まで【陸別】

 「ラリー北海道2019」(アジアパシフィックラリー選手権第7戦、全日本ラリー選手権第8戦、日本スーパーラリーシリーズ第4戦)が20日、帯広市内の北愛国サービスパークで開幕した。21日には陸別...

十勝毎日新聞

「最高の十勝ワインを」 仕込み作業開始【池田】

 2019年産のブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が21日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)で始まった。  後志管内余市町産の白ワイン用ブドウの「バッカス」や、池田町千代田地区...

十勝毎日新聞

清水の歴史 バスで巡る 渋沢栄一ゆかりの地も【清水】

 清水町の歴史について学ぶ「文化史跡めぐりバスツアー」が18日に町内で開かれた。町民ら25人が参加し、町開拓の祖渋沢栄一ゆかりの地などを見学して回った。  今年度、4回シリーズで実施している...

函館新聞

山形の姉妹校へ贈るジャガイモ収穫 木古内小で54年目【木古内】

 【木古内】木古内小学校(石岡一智校長、児童114人)の児童と保護者、教職員59人が18日、町新道の畑で、同校が姉妹校交流に取り組む朝暘(ちょうよう)第一小学校(山形県鶴岡市)に贈るジャガイモ(...

函館新聞

日本一目指し熱唱 江差追分全国大会開幕【江差】

 【江差】第57回江差追分全国大会(江差追分会、江差町主催、函館新聞社など後援)が20日、町文化会館(茂尻町71)で開幕した。初日は地元江差地区をはじめ函館や札樽、日胆地区選出の歌い手の熟年と一...