北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

確定申告スタート 3月15日まで受け付け【帯広】

確定申告が始まり、納税者で混雑する帯広税務署

 2018年分所得税の確定申告の受け付けが18日、全国の税務署で始まった。帯広第2地方合同庁舎(帯広市西5南8)に移転した帯広税務署(北濱正已署長)には、相談者や提出者らが次々と訪れた。

 確定申告は自営業者や給与収入2000万円を超える人などが対象。今年は配偶者控除の範囲が拡充されるなどの特徴がある。

 帯広税務署2階の特設相談コーナーの前には同日午前7時半ごろから人が集まり、午前9時の開設時には受け付けを待つ行列ができた。同署では申告書作成用のパソコンを26台用意、職員ら16人態勢で臨み、会場内には待合室(40人分)も設けた。

 同署が入居する合同庁舎は駐車場が整備中で、現在は旧帯広財務事務所(西5南6)駐車場を臨時駐車場(20台分)としている。確定申告の期間中(3月15日まで)は、旧帯広税務署駐車場(36台分)も開放しているが、午前中から長い車列ができた。

 市内から来庁した男性(69)は「駐車場が混んでいたので一度自宅に戻り妻に送ってもらった。会場に到着するまで一苦労だった」と述べていた。

 西本貴行税務広報広聴官は「時間に余裕を持ち、駐車場から離れているので、寒さ対策も万全に」と呼び掛けている。問い合わせは帯広税務署(0155・24・2161)、十勝池田税務署(015・572・2171)へ。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...