北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新嵐山にワイナリー 農家らが会社設立【芽室】

めむろワイナリーを設立した尾藤さん(右から4人目)らメンバー

 芽室産ブドウでワインの醸造を目指す「芽室ワインカウンティ」の生産者らが、ワイナリーの建設・運営に向け「めむろワイナリー株式会社」を設立した。新嵐山スカイパークでのワイナリー建設を想定、2020年の着工・竣工(しゅんこう)と醸造、21年のワイン販売を目指す。町内の農業、尾藤光一さん(55)=尾藤農産代表=が代表に就任した。

 18日午前9時半から記者発表した。

 資本金は800万円で、生産者5人を含む役員8人が出資。芽室ワインカウンティ(昨年10月にMEMUROワインヴァレー研究会から名称変更)では、4年前から町内でブドウの栽培に取り組んでいる。現在は10軒・約5ヘクタールで池田町産の清見、清舞、山幸、欧州品種のカベルネソービニヨン、シラーなど17品種を栽培している。

 ワイナリーは230~330平方メートル(70~100坪)の規模を想定。ワイナリー設立に向け、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所元製造課長の廣瀬秀司さん(67)が醸造責任者として着任した。当面は廣瀬さんを中心に生産者も醸造作業を担う。将来的にはブドウの作付けを10ヘクタールまで増やし、4万~4万5000本を生産する。

 廣瀬さんは「山幸、清舞、清見、ツバイゲルトは十分なものが造れる。造り方を少し変えれば池田とは全く違うワインができる可能性がある」とする。

 建設予定地とする新嵐山スカイパークは町が活性化に向けて再整備の検討を進めており、町側にはワイナリー建設の希望を伝えている。テイスティングスペースとして国民宿舎新嵐山荘の活用も考えている。

 尾藤さんは「新嵐山は非常に良い景観地で内外から注目されている。ワイナリーが新嵐山を町民全体で盛り上げる起爆剤になれば」と述べた。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...