北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ガス缶類引き取る動きも、自治体で対応に違い【道内】

ガス缶類のガス抜き問題。自治体によっては、「中身を使い切れない」ガス缶類を引き取る動きも出ている=10日に登別で起きた住宅火災

 札幌市豊平区で昨年12月に起きたガス爆発事故に続き、登別市で今月10日、ガス缶類のガス抜き作業による住宅火災が発生。住人の高齢女性(75)による危険で誤った方法が原因という。ガス抜き作業に不安を持つ高齢者を想定し、「中身を使い切れない」ガス缶類を引き取る動きがすでに道内の自治体で始まっている。

 穴開け事故の増加などを受けて環境省は2015年(平成27年)、排出の際に中身を使い切るが「穴開けはしないのが望ましい」と、全国の自治体へ通知。ただ、専用処理機械の導入や人員の確保に関するコストが、自治体の大きな負担となるため対応が分かれている。

 登別市でも、市民がガス缶類を排出する際、中身を使い切り、穴を開けなければ「違反ごみ」として回収はせず、またクリンクルセンター(幸町)での自己搬入も受け入れていない。

 市民生活部環境対策グループの担当者は「穴の開いていないガス缶類を、手作業でガス抜きするのは職員の大きな負担。ただ、予算の関係で専用機械導入は難しい」と現状を説明する。

 しかし自己搬入と通常の回収を区別することで、少ない台数の専用機械と低い維持コストで、ガス抜き作業に不安を持つ高齢者の負担軽減に努めてきた自治体がある。

 札幌市は全戸で穴開けの禁止を規定(17年)する以前の11年7月から、「穴を開けられない、中身を使い切れない」ガス缶類の自己搬入を、清掃事務所や消防署、地区リサイクルセンターなど合わせて61カ所で受け入れて無償で引き取っている。

 市環境局業務課の担当者は「事業者や面倒だからという理由での自己搬入は受け付けていない」とした上で、「視力や判断力の衰えなどが原因で、ガス抜き作業が難しい高齢者は多い。穴開けを促していても、中身を使い切れない市民への配慮が必要」としている。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...