北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

事故防止緊急メッセージ【浦河】

 昨年12月、今年1月、2月と3カ月連続で死亡交通事故が発生している浦河警察署(浦河、様似、えりも3町)は15日、〝尊い命が失われる極めて憂慮すべき事態となっている”と、岡﨑健一署長名で「交通死亡事故防止緊急メッセージ」を出した。

 浦河署所管の3町は、年始めから昨年12月29日まで死亡事故の発生はなかったが、暮れの12月30日に浦河町荻伏町の国道で、家の前を横断中の86歳の女性が車にはねられ死亡。

 さらに、年明け1月16日に同町東栄の国道で、同地区の54歳の男性運転の小型トラックが道路脇の落石防護柵に衝突し死亡。2月8日には様似町鵜苫の国道で、自動車を運転していた同地区の73歳の女性が信号柱に激突し死亡し、様似町は平成27年10月から続いていた死亡事故ゼロがストップした。

 一連の死亡事故は、路面凍結によるスリップや、夕暮れから夜間にかけての車と歩行者の事故による典型的な「冬型事故」が特徴。運転者は天候や路面状況に応じた慎重な運転、歩行者は横断歩道の利用や左右確認、明るい色の服装や反射材の着用が事故防止につながる。

 岡﨑署長は「悲惨な交通事故による犠牲者をこれ以上増やさないため、一人ひとりが交通安全に対する意識を強く持ち、家庭や地域、学校、職場などあらゆる機会を通じて事故防止の機運を盛り上げてほしい」と呼び掛けている。

 14日現在の道内死亡事故は前年比17人減の7人。浦河署を含む札幌方面28署では2人で、すべて浦河署。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...