北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

カキの半成貝の養殖準備を行う協議会のメンバーら=昨年5月、歯舞漁協提供

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を継続しながら将来的に新たな漁業としての確立を目指す。

 同協議会は昨年、カキの養殖ができないかと考え、釧路町仙鳳趾でカキの養殖現場を視察。どのように取り組んでいるかなど生産までの流れについて、関係者から話を聞いたりしたという。

 ある程度成長した半成貝を100かご分、約1万個購入し、昨年5月にトーサムポロ沼で養殖をスタートした。同沼は結氷することがあるため、稚貝より生存率の高い半成貝での試験を選択した。水深が浅いため、底に着かないように一かごずつロープでつるしたカゴの中で約3カ月間飼育した。

 歯舞漁協によると、「養殖試験ではカキの身入りも良く、成長することが確認できた」とし、昨年生産したカキは歯舞こんぶ祭り、歯舞秋の朝市のほか、年末に地元で販売した。試験的な取り組みということもあり、1個100円と格安で販売し、5,200個を売り上げる人気となっている。

 歯舞漁協は「将来的に新たな漁業として確立するためには漁場の拡大などを含めて、コンスタントにある程度の量を生産しないといけない。これからも養殖試験を継続したい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...