北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

10期ぶり上方修正 10~12月の道南経済で財務事務所【函館】

 函館財務事務所(石井克憲所長)は18日、昨年10~12月期の経済概況「道南経済レポート」を発表した。個人消費で判断を引き下げた一方、観光が堅調なことや雇用情勢が改善していることなどを受け、総括判断を「緩やかに持ち直しつつある」と、10期ぶりに上方修正した。

 観光は胆振東部地震の影響を受け、10月はフェリーやJR、航空機が軒並み前年同月を下回るなど回復しきれなかった。11、12月は一転して道内観光の早期回復を目的とした「ふっこう割」が好調だったほか、自治体などによる積極的な情報発信、道などによる海外メディア、インフルエンサー(影響力の大きい人)の招へいなどもプラスに働いたことで、函館圏への入込客数は11月で前年同月比1・6%増の15万2000人、12月で同4・5%増の16万人と、いずれも前年を上回った。このことから、判断を「堅調」と上方修正した。

 住宅建設は函館、北斗市の新設住宅着工戸数をみると、持ち家は前年同期比6・7%減の168戸だった一方、貸家が同36・4%増の330戸、分譲住宅が同2・1倍の73戸だったことから、新築計は同24・9%増の571戸と前年を上回り、こちらも判断を7期ぶりに上方修正した。

 今回の判断で唯一下方修正した個人消費は、ホームセンター(3社)などで前年同期を上回ったほか、管内主要大型小売店(6社)で前年並みだった一方、食料品スーパー(4社)は胆振東部地震に伴う買い込み需要の反動減もみられたことなどから、「持ち直しに向けたテンポが緩やかになっている」と判断を引き下げた。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...