北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。

販売10周年を迎えた「おとぷけ納豆」

 「おとぷけ納豆」は、豆の生産地・十勝の福祉施設ならではの製品として、当時の職員が発案し、2008年9月から製造・販売を始めた。

 原材料の豆は十勝産の「とよまさり」(中粒タイプ)を使用。現在、就労継続支援B型事業として、20~70代の13人の障害者が大豆の洗浄や蒸す作業、納豆菌の散布、箱詰めなどの製造工程に携わっている。

 粘りが強く、しっかりとした大豆の風味が特徴。11年には、納豆の製造技術改善と品質の向上を目指して行われる第16回全国納豆鑑評会(全国納豆協同組合連合会主催)で特別賞(北海道知事賞)を受賞した。

 カップ・外部包装ともに紙を使用することで、環境にも配慮。価格は3パック1セット135円。地元音更をはじめ管内のスーパーで販売している。

 キャンペーンは、3月1日以降に店頭に並ぶ商品のパッケージのバーコードを2枚1口としてはがきに貼り、更葉園(〒080-0106 音更町東通13ノ3)に郵送する。期間は同20日まで。期間終了後、抽選で20人に10パックをプレゼントする。同法人生産活動課の野田有広課長は「障害者の就労支援活動を理解していただき、10年間、買い支えてもらった十勝の皆さんへの感謝の気持ち」と話している。問い合わせは更葉園(0155・42・2236)へ。

関連記事

室蘭民報

混ぜて、切って「面白い」…登別蕎麦道場が講習会【登別】

 そば愛好者でつくる登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)は、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で、そば打ち講習会を開いた。参加した市民ら受講生10人が、空知管内幌加内町産のそば粉を使って二八そばに仕立...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...

室蘭民報

毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市―むかわ町)の毛ガニ漁が10日に解禁された。登別漁港(登別港町)では、11日に約1160キロを初水揚げ、夏到来を告げる真っ赤な旬の味覚が港を活気づけている。初日の取引額は高...

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...