北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

大樹核に宇宙産業集積 道経連「ビジョン」発表【札幌】

 北海道経済連合会(道経連)は19日、大樹町のロケット発射場を核に道内で「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指す、宇宙産業ビジョンを発表した。2030年の段階では、大樹で衛星打ち上げが日常的に行われるようになり、関連・周辺産業が道内に広く定着、北海道が国際的に宇宙活用の先進地となっている将来像を描いた。

宇宙産業ビジョンを発表する増田副会長(中央)

 道経連副会長で、航空宇宙産業整備促進特別委員会の増田正二委員長(帯広信用金庫会長)らが札幌市内で記者会見した。

 ロケット・衛星の製造、打ち上げ後の衛星データや宇宙環境の活用など、総合的な宇宙利用産業の集積を目指し、宇宙産業ビジネスの普及啓発、進展に向けてビジョンを策定した。

 30年の宇宙利用では、大樹町の新射場が広大な土地を背景に拡張を続け、インターステラテクノロジズ(本社大樹町)など民間ロケット打ち上げ事業者による衛星打ち上げが日常的に行われ、小型衛星打ち上げビジネスが軌道に乗り始めると想定した。

 連動して射場整備・運営の関連産業が大樹周辺に集積、ロケット製造に関わる企業や企業で働く従業員らのコミュニティーを支える不動産、飲食などの周辺産業が道内に広く充実・定着すると展望した。道経済が活性化され、宇宙活用に関するリーディングエリアとして国内外に知られる存在になると期待した。

 40年は、月や火星の開発、農業ロボットの普及、宇宙旅行、人工流れ星など、さらなる進展を予想。大樹町の射場としての優位性も明記し、東・南方向への広い打ち上げ方位角など6項目の利点を掲げた。

 増田氏は「衛星データの利活用による1次産業の効率化、準天頂衛星による測位精度の向上、自動運転、特に冬の除雪の効率化、人手不足の解消など、北海道にも大きなニーズがある。射場、ロケットなどの製造企業、宇宙を活用するユーザーが一体となり、宇宙産業を盛り上げる素地が北海道にはある」と述べた。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...