北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

木質バイオマス増産に向け

協定を結んだ左から小野会長、松浦局長、大原社長

 急増する木質バイオマス資源の需要拡大をにらみ、日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会(事務局・ひだか南森林組合、小野哲弘会長)、王子木材緑化(本社・東京、大原寛信社長)の3者は19日、日高振興局で林地未利用材等の利用促進に向けた協定に調印した。地域資源の未利用材の有効利用を進め、河道内に繁茂する樹木なども新たなバイオマス資源として活用し、安定供給する体制を整える方針で、民間活力を導入した道内で初めての取り組み。

 協定は、管内中東部5町と森林組合、事業所など12団体でつくる協議会が、木材の既存利用に影響しない範囲で林地の未利用間伐材、河道内や河畔の樹木などの効果的な伐採や搬出、加工、流通でのコスト低減などを検討・検証する。

 日高振興局は協議会エリアの道や町管理の林地や河川内の伐採ほか、関係部署との調整や普及・PRに当たり、王子木材緑化がこれら木質バイオマス資源を受け入れ、グループ会社が平成28年から江別市で稼働する木質バイオマス発電所(王子グリーンエナジー江別運営)に供給する。

 河道内や河畔の樹木は洪水時に流木となり河川や海に流れ込み、過去にも日高沿岸海域で大きな被害を受けている。これまで国管理の河川で伐採を実施しているが、道の管理河川では伐採木の利用が見込まれないため取り組みは遅れていた。

 ひだか南森林組合は協議会で唯一、木質バイオマスチップの生産設備を導入しており、他森林組合からも未利用材の供給を得て、平成28年度から全量を王子木材緑化を通して江別市のバイオマス発電所に供給している。

 28年度は当初計画の38%増の7210㌧のチップ(原料集荷1万5600立方㍍)を生産し、29年度に1万530㌧(同2万4700立方㍍)、30年度は前年比30%の供給を見込み、木質バイオマスチップの生産は急拡大している。発電所の発電能力は2万5400KWで、年間12万立方㍍のチップを使用している。道内各地で木質バイオマス発電所が稼働し、需要は旺盛だ。

 日高振興局森林室によると、道管理の浦河町元浦川で近く道内初となる試験的な河道内林の伐採に取り組むという。日高振興局の松浦英則局長は「今回の協定により、管内から全道に未利用材の掘り起こしと活用の取り組みを広げたい」と自然災害の抑止を含め期待する。

 協定を結んだ王子木材緑化の大原社長は「未利用材の有効化は有意義な事業で、この地域からの安定的な供給に感謝し、今後も協力していきたい」、小野会長は「効率化やコスト削減など協議会に与えられた責務にしっかり取り組みたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...