北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

熱戦間近…23日開幕の国際雪合戦準備着々【壮瞥】

コートのシェルター造りに励むボランティアたち

 壮瞥町の冬の一大イベント・昭和新山国際雪合戦が23、24の両日、同町の昭和新山山麓特設会場で開かれる。本番に向け実行委やボランティアによる会場設営が着々と進んでいる。31回目を迎える今大会には全国各地の予選を突破した133チーム、約1300人が出場し、聖地・昭和新山で熱戦を繰り広げる。

 大会は壮瞥町や国際雪合戦連合などが主催。昭和新山国際雪合戦実行委が主管。エントリーは、一般の部に105チーム、レディースの部に15チーム、ジュニアの部に9チーム、昨年新設した45歳以上のレジェンドの部に4チーム。残念ながら今回、海外チームの出場はない。

 大会を前に、大勢のボランティアが参加し、会場設営に当たっている。20日には実行委をはじめ町民有志や伊達青年会議所メンバーら計約50人がコートの壁(シェルター)造りに取り組んだ。

 ボランティアは木枠に湿った雪を詰めて踏み固め、縦90センチ、横90センチ(一部横1・8メートル)、厚さ45センチのシェルター計63個、9コート分を完成させていた。会場設営だけで延べ120人の協力があり、堀口正章施設委員長(46)は感謝しながら「今年は雪質も良い。選手や観客に楽しんでもらいたい」と汗をぬぐいながら作業に励んでいた。

 大会初日は23日午前8時15分から開会式。同9時半から予選リーグ、レジェンド戦を実施する。最終日は午前8時半から準決勝リーグ、決勝トーナメント。ジュニアの部は同9時から。表彰式・閉会式は午後3時半を予定している。両日ともスノーパークが設けられ、観戦客を楽しませる。

関連記事

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...

室蘭民報

ホタテづくし北の収穫祭、釣り大会白熱【豊浦】

 第17回まるごと豊浦「北の収穫祭」(同実行委員会主催)が10日、豊浦町浜町のふるさとドームで開かれた。世界ホタテ釣り選手権大会をはじめ、特産品のホタテづくしのイベントで盛り上がった。  ...

十勝毎日新聞

活躍馬と騎手に「一票を」 ばんえい投票、プレゼントも【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)は、今年度に活躍した競走馬、生産者、騎手、調教師を表彰する「ばんえいアワード2018」を実施している。4部門のうち、競走馬を選ぶ「ベストホース」、騎手を選ぶ「ベストジョ...