北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

チーズ製造に新規参入 あすなろファーミング【清水】

 乳製品加工・販売の「あすなろファーミング」(清水町清水第4線、村上勇治代表)が、敷地内にチーズ工房を新設した。搾りたての高品質な生乳を使い、4月にも本格的な生産が始まる見通し。“あすなろブランド”に待望のチーズが仲間入りする。

あすなろファーミング敷地内に新設されたチーズ工房と(右から)村上専務、取締役で妻の佳奈さん

 1991年に設立された同社は「自然そのままの環境」を経営理念に、同町内で放牧主体の餌作りからこだわる酪農の村上牧場・梶山牧場と取引し、全商品に低温殺菌(63度で30分)した牛乳を使っている。

 「あすなろ牛乳」をはじめ、飲むヨーグルト、バター、ジャム、プリン、キャラメルなど約30品目があり、首都圏や関西の高級スーパーなどからも引き合いがある。年間の売上高は約1億8000万円。

 全国各地の百貨店などで開催される北海道物産展では、自社商品とともに道内の各工房から仕入れて販売するチーズの売り上げが伸びていることから、チーズ製造に新規参入することを決めた。

 敷地内に建設したチーズ工房は木造平屋で床面積104平方メートル。チーズ作りに必要な工程(生乳の殺菌・発酵・凝乳・カードカットなど)ができるチーズバット、熟成庫、試験室、包装室などを備える。総事業費約5000万円。このうち半分を農水省国産乳製品等競争力強化対策事業補助金で賄う。

 チーズはラクレットなどセミハードとハードタイプを主体に、モッツァレラなどのフレッシュ系も製造する計画。早ければ夏ごろにも、一部が店頭に並ぶという。

 チーズ作りを始めるに当たっては、同社の村上悦啓専務(34)が管内の工房などで研修を積んだ。村上専務は「原料の良さを引き出し、同業の先輩に学びながらおいしいチーズを作りたい」と意気込んでいる。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...