北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

全国大会に出場する全道優勝の吉本選手(右2人目)、同優勝の高橋選手(同3人目)、同3位の池田選手(同4人目)、同優勝の松田選手(左)と大野町長(右)

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、同男子ダブルス優勝の松田快晴君(同小4年)、同女子ダブルス3位の池田心優さん(同小3年)が全国大会出場を前に21日、役場静内庁舎を訪れ、大野克之町長と本庄康浩副町長から激励を受けた。

 吉本選手は昨年12月27日、砂川市総合体育館で開かれた女子シングルス(出場36人)に出場。初戦は苦戦したものの5試合を全勝し見事優勝した。

 1月14日に札幌市の北海きたえーるで開かれた小学生大会で、高橋選手は女子シングルス(出場54人)で優勝。松田選手は男子ダブルス(出場22組)で、登別子ども軟庭倶楽部の加藤虎牙選手とペアを組み優勝。池田選手は女子ダブルス(出場29組)で、安平小3年の三橋結奈選手とペアを組み3位に入った。

 この日、静内ソフトテニス少年団総監督の広島義清さんと同団コーチの冬澤実和さんも同行し、大野町長に全道大会での活躍を報告し、全国に向けた意気込みを語った。

 吉本さんは「全道大会の初戦は苦戦した。集中して試合ができて結果が出せた。全国でも力を出し切り良い結果を残したい」、高橋さんは「全道大会ではあきらめないでしっかり自分のプレーができた。北海道代表として、はずかしくない行動とくいのない試合をして、少しでも良い結果を出したい」。

 また、松田君は「2回目の全国大会出場。ご飯をいっぱい食べて、力をつけて全国に向かいたい。2人で力を合わせて1つでも多く勝ちたい」、池田さんは「2人で協力して全国で戦いたい。自分の役割をしっかり考え、打ち合わせしたことを試合に生かしたい」とそれぞれの意気込みを笑顔で語った。

 総監督の広島さんは「全国大会で自分の力を発揮して、いい体験をして帰ってきてほしい」と激励。大野町長は「全国大会の試合を楽しんで、けがのないよう頑張ってほしい」とエールを送った。

 第30回全日本中学生ソフトテニス大会は3月27、28日に三重県伊勢市で、第18回全国小学生ソフトテニス大会は3月30、31日に千葉県白子町でそれぞれ開催する。

関連記事

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...

室蘭民報

絵鞆町会の親子ふれあい農園のクロユリが見頃【室蘭】

 室蘭・絵鞆町会の「親子ふれあい農園」で育てられているクロユリが見頃を迎えた。室優平緑化部長(78)は「プランターの方は満開。庭も近日中に満開になるよ」と語る。この日室蘭市の最高気温は7月中旬並...

室蘭民報

サッカー室蘭支部予選、大谷室蘭など3回戦へ【苫小牧】

 第72回北海道高校サッカー選手権室蘭支部予選兼全国高校総体サッカー競技北海道予選室蘭支部予選は2日目の22日、苫小牧市緑ヶ丘公園サッカー場で2回戦8試合が行われた。大谷室蘭、伊達緑丘、室清水、室...

十勝毎日新聞

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定【帯広】

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定...

十勝毎日新聞

おっかなびっくり乳搾り 児童が農業体験【幕別】

 幕別町主催の「農業体験塾」が18日、町南勢の田村牧場(田村寛興代表)などで開かれ、小学生が搾乳体験や子牛との触れ合いを楽しんだ。  町の基幹産業である農業を身近に感じ、農業と食料の関わりに...