北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

ルーラルビレッジで続く水道管の復旧作業=22日午後4時20分ごろ

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で水が使えない。町は急ピッチで復旧作業を進めているが、断水解消のめどは立っていない。

 町によると、町職員と作業員10人体制で復旧作業を展開中。水道管の破損箇所を特定するのに時間がかかっている。23日午前10時時点で、移住者向けの分譲地「ルーラルビレッジ」の67戸は今も断水している。

 ルーラルビレッジは昨年9月の胆振東部地震で地面に亀裂が入り、液状化も起きた。水道管の被害も大きく、復旧までに1カ月以上の時間を要した経緯がある。

 町建設課上下水道グループによると、水道管は約1メートル20センチの深さに敷設されている。冬期間で地中が80センチほど凍っている上、漏れている水が地表に吹き出して来ないことから「破損した場所の特定に時間がかかっている」(同グループ)。

 町では、地区内の移住体験住宅で水やレトルト食品を配給している。同ビレッジに住んでいる40代男性は「前回の地震後も断水を経験したが、水が使えない生活は厳しい。早く復旧してほしい」と願った。

 町内本町のパート従業員の女性(45)は「豊沢地区に住む友人には給水情報が届かず、自分の家に呼んで水をくんでもらった。しっかり情報を伝えてもらいたい」と訴えた。

 22日夜に記者会見した宮坂尚市朗町長は「範囲が広く、管路の長さもあるので、復旧までにまだ時間がかかる」との見方を示した。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...