北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

ルーラルビレッジで続く水道管の復旧作業=22日午後4時20分ごろ

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で水が使えない。町は急ピッチで復旧作業を進めているが、断水解消のめどは立っていない。

 町によると、町職員と作業員10人体制で復旧作業を展開中。水道管の破損箇所を特定するのに時間がかかっている。23日午前10時時点で、移住者向けの分譲地「ルーラルビレッジ」の67戸は今も断水している。

 ルーラルビレッジは昨年9月の胆振東部地震で地面に亀裂が入り、液状化も起きた。水道管の被害も大きく、復旧までに1カ月以上の時間を要した経緯がある。

 町建設課上下水道グループによると、水道管は約1メートル20センチの深さに敷設されている。冬期間で地中が80センチほど凍っている上、漏れている水が地表に吹き出して来ないことから「破損した場所の特定に時間がかかっている」(同グループ)。

 町では、地区内の移住体験住宅で水やレトルト食品を配給している。同ビレッジに住んでいる40代男性は「前回の地震後も断水を経験したが、水が使えない生活は厳しい。早く復旧してほしい」と願った。

 町内本町のパート従業員の女性(45)は「豊沢地区に住む友人には給水情報が届かず、自分の家に呼んで水をくんでもらった。しっかり情報を伝えてもらいたい」と訴えた。

 22日夜に記者会見した宮坂尚市朗町長は「範囲が広く、管路の長さもあるので、復旧までにまだ時間がかかる」との見方を示した。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...