北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ふるさと納税大感謝祭 2,500人が魚介類満喫【根室】

 ふるさと納税の先進地・根室市単独の「ふるさと納税大感謝祭」がこのほど、東京都新宿区の京王プラザホテルで開かれた。抽選で1,250組、2,500人が招待され、根室産の魚介類を楽しんだほか、クラウド・ファンディング型ふるさと納税で注目を集めた「地球探索鉄道・花咲線」の動画などを鑑賞。アンケートでは、97パーセントの参加者が「ぜひ根室に行ってみたい」と答えた。

 「ふるさと納税大感謝祭」は昨年に続く第2弾で、首都圏を中心にふるさと納税の寄付者約4万3,000人を対象に、抽選で昨年より500人多い1,250組、2,500人を招待し、東京都新宿区の京王プラザホテルで17日に開催した。午前、午後の2部構成で、会場内にはグルメコーナーや観光・旅行・相談コーナー、ふるさと納税相談・受付コーナー、根室の特産品の当たるアンケート・抽選コーナーなどを開設。グルメコーナーには返礼品でも人気の花咲ガニやいくら丼、鮭の山漬、干しコマイ、駅前の一爐菴の生チーズタルト「ココチーズ」をはじめ、同ホテル特製の根室の新鮮な魚介類を使ったシーフードカレー、鱈のサフランスープ煮などが無料提供された。

 トークショーでは同ホテルの市川博史総料理長が、各100人限定スペシャルランチの厳選食材を探しに根室を訪れた際の話や、食材のもつ素晴らしさを紹介。後半流れたJR花咲線のPR動画「地球探索鉄道・花咲線」を鑑賞した後は「こんな素晴らしい場所があるならぜひ、行ってみたい」などの声が聴かれた。

 アンケートでは、ふるさと納税を通じ「根室市への関心が高まった」と答えた人が89.8パーセントだったほか、感謝祭への参加について「次回も参加したい」と答えた人は91.9パーセントだった。「今後、根室市に行ってみたいですか」との問いかけには97パーセントの人が「行ってみたい」と答えたほか、アンケートに答えた人の3分の1(34.8パーセント)が「根室市に来たことがある」と回答した。

 ふるさと納税や観光相談コーナーには100組、200人を超える来場者が詰めかけ、根室観光に興味を示すなど、アンケートの結果や参加者の声に、市総合政策部は「来場者の根室への来訪意欲が高まっている」と述べ、手応えを感じていた。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...