北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

クルーズ客船寄港、19年度は最多49回 4月にQエリザベスも【函館】

 函館市は、2019年度のクルーズ客船入港予定をまとめた。寄港数は18年度の実績と比べて22回多い延べ49回で、過去最多を更新する見込み。4月21日に世界的に有名な英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」(9万901トン)が道内初寄港を果たすほか、昨秋に暫定供用が始まった若松埠頭(ふとう)にも続々と客船が入港し、開港160年を迎えた函館港ににぎわいをもたらす。

 入港数の内訳は国内船11回、外国船38回。1日に2隻の客船が入る日も5回あり、市によると、乗客乗員数の合計は約8万6000人となる見込み。

 初寄港の客船は7隻=別表。クイーン・エリザベスは、横浜発着の日本一周ツアーで函館に接岸。20年度も3回の寄港を予定する。

 ロイヤル・カリビアン社(米国)の「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」(16万8666トトン)は、アジアを訪れる客船としては最大。大型客船接岸に備え、係留設備の強化工事が今年度完了した港町埠頭へ5月1日に入港し、新元号の幕開けに花を添える。

 アザマラ・クラブ・クルーズ社(同)の「アザマラ・クエスト」(3万277トン)は、若松埠頭に接岸する第1号の客船。同埠頭には19年度、延べ17回の入港予定がある。

 また、郵船クルーズ(横浜)の豪華客船「飛鳥II」(5万142トン)は、初代「飛鳥」と合わせた函館の寄港回数が、8月に100回の記念を刻む。このほか、1987(昭和62)年の「さんふらわあ7」から始まった函館港への客船寄港は、今年8月に通算500回の大台に達する見込みだ。

 世界的なクルーズ需要の高まりに加え、日本一周ツアーの増加で函館を訪れる客船数は右肩上がりとなっており、市は20年度も50隻前後の寄港を見込む。 

 受け入れ態勢をめぐっては、10年以上通訳ボランティア活動を続ける遺愛女子高校のほかにも、語学研修や研究の場として興味を示す大学や高校が増えており、市港湾空港振興課は「協力機関と連携し、継続的な歓迎態勢を整えられるようにしたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

定数を2人オーバーか【えりも】

【えりも】町選挙管理委員会(山中智彰委員長)は20日、町役場で4月16日告示、同21日投開票の町議会議員選挙立候補予定者説明会を開き、現職本人と後援会関係者、新人立候補予定者など21人が出席した。  ...

日高報知新聞

新たに3事業所8商品【新ひだか】

【新ひだか】町内で生産される優れた産品を推奨品として認証する「新ひだか推奨品認証制度」の認証書交付式が19日、JR静内駅併設の町観光情報センターで開かれ、3事業所8商品を新たに認証したほか、平成28年...

十勝毎日新聞

感謝の思い胸に 小学校卒業式【帯広】

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

十勝毎日新聞

イチロー引退 ねぎらう声 用具で縁、交流も【十勝】

 21日に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、キャンプ地での交流やバット用の木材提供などを通じて十勝とも縁があった。数々の記録を打ち立てた偉大な選手の引退に、管内の関係者はね...

十勝毎日新聞

タイムカプセル 15年後に開封へ 西上音更小閉校【士幌】

 JA士幌町西上事業所集落センターで19日、西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)閉校事業実行委による「タイムカプセル保管式」が行われ、児童や地域住民らが参加した。  実行委事業部長の曽...