北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

クルーズ客船寄港、19年度は最多49回 4月にQエリザベスも【函館】

 函館市は、2019年度のクルーズ客船入港予定をまとめた。寄港数は18年度の実績と比べて22回多い延べ49回で、過去最多を更新する見込み。4月21日に世界的に有名な英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」(9万901トン)が道内初寄港を果たすほか、昨秋に暫定供用が始まった若松埠頭(ふとう)にも続々と客船が入港し、開港160年を迎えた函館港ににぎわいをもたらす。

 入港数の内訳は国内船11回、外国船38回。1日に2隻の客船が入る日も5回あり、市によると、乗客乗員数の合計は約8万6000人となる見込み。

 初寄港の客船は7隻=別表。クイーン・エリザベスは、横浜発着の日本一周ツアーで函館に接岸。20年度も3回の寄港を予定する。

 ロイヤル・カリビアン社(米国)の「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」(16万8666トトン)は、アジアを訪れる客船としては最大。大型客船接岸に備え、係留設備の強化工事が今年度完了した港町埠頭へ5月1日に入港し、新元号の幕開けに花を添える。

 アザマラ・クラブ・クルーズ社(同)の「アザマラ・クエスト」(3万277トン)は、若松埠頭に接岸する第1号の客船。同埠頭には19年度、延べ17回の入港予定がある。

 また、郵船クルーズ(横浜)の豪華客船「飛鳥II」(5万142トン)は、初代「飛鳥」と合わせた函館の寄港回数が、8月に100回の記念を刻む。このほか、1987(昭和62)年の「さんふらわあ7」から始まった函館港への客船寄港は、今年8月に通算500回の大台に達する見込みだ。

 世界的なクルーズ需要の高まりに加え、日本一周ツアーの増加で函館を訪れる客船数は右肩上がりとなっており、市は20年度も50隻前後の寄港を見込む。 

 受け入れ態勢をめぐっては、10年以上通訳ボランティア活動を続ける遺愛女子高校のほかにも、語学研修や研究の場として興味を示す大学や高校が増えており、市港湾空港振興課は「協力機関と連携し、継続的な歓迎態勢を整えられるようにしたい」としている。

関連記事

根室新聞

代替漁業のサケマス曳網船が出漁【根室】

 ロシア200カイリ内サケ・マス流し網禁止に伴う代替漁業で、曳網による試験操業を行う富山県鮭鱒漁協所属の「第68善龍丸」(乗組員17人、199トン)が26日午前、花咲港から漁場を目指して出漁し...

根室新聞

観測史上最高 猛暑日迫る34度に【根室】

 全道的に猛暑となった26日、根室でも気温が一気に30度を超えて猛暑日に迫る340度まで上がり、明治12年7月に根室で気象観測が開始されて以来、観測史上最高を更新した。この暑さで熱中症による救急搬...

根室新聞

第7回「歯舞おさかな祭り」大盛況【根室】

 地域を挙げて各種振興事業に取り組む歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)主催の第7回「歯舞おさかな祭り」が26日、同漁港中央市場内・屋根付き岸壁で開催された。天候に恵ま...

日高報知新聞

「すずらん観賞会」開幕【平取】

【平取】平取町観光協会主催の「平取町すずらん観賞会」が25日、芽生(めむ)地区のスズラン群生地で開幕した。スズランは無数の花芽を付け、日当たりの良い場所ではつぼみが大きくなり始め、会場内は甘い香...

日高報知新聞

棺掛けやタペストリーなど【浦河】

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「アイヌの手仕事展」が開かれている。31日まで。  出品は月に2回(不定期)、堺町生活館で開かれている「ネコンネ(手仕事)教室」の深沢み...