北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

パクチーの火付け役も 道内初、交流イベント【帯広】

「午後8時9分のパクチータイム」で乾杯する参加者と佐谷さん(左)

 道内初となる「パクチーハウス」が27日、帯広市内の飲食店・蕎麦人(吉田武馬代表)で開かれた。パクチー好きの交流の場で、パクチーブームの火付け役の佐谷恭さん(43)=東京=も駆けつけた。約20人の参加者は、料理を囲み「パクチー愛」を存分に語り合った。

 佐谷さんは2008年、世界初のパクチー料理専門店(パクチーハウス東京)をオープン。パクチー好きの人が集う場をつくり、ファンから支持を集めた。昨年3月には店舗を閉店し、全国各地で交流イベントを開いている。

 吉田さんが昨年7月、「とかちイノベーションプログラム2018」に参加した際、講師の佐谷さんと意気投合。パクチーハウスの実現につなげた。

 この日は、天ぷらそば、サラダなど十勝産の食材も使ったパクチー料理10種類を提供。参加者は「追パク!」(おかわりのパクチー)を注文し、大いに盛り上がった。パクチー(8・9)にちなみ午後8時9分には全員で乾杯した。

 神奈川から駆けつけた荒川貴文さん(56)は「パクチーを介すると初対面の人とも会話が弾む」と笑顔。佐谷さんは「イベントのやり方次第で、いつもと違った店の姿になることを、来た人に感じてもらいたかった」と話していた。

 佐谷さんは27日の「十勝ドリームマップ会議」にも参加する。

関連記事

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...

室蘭民報

並んでも食べたい老舗飲食店の「室蘭名物」に舌鼓【室蘭】

 大型連休中の4月30日、室蘭市中央町の老舗飲食店には、帰省した人や観光客が続々と訪れた。出入り口前には、長い列ができ、地元の名物や懐かしい味に舌鼓を打った。 大王は定休日返上  味の大王室...

室蘭民報

三星の主力2品にチョコで文字、「令和パン」人気上々【登別】

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市、三浦実代表取締役)は4月上旬から、改元にあやかり、チョコレートで「令和」の文字を描いたあんパンとクリームパンを販売、改元が近づくにつれ、売り上げが伸びていると...