北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館駅前複合商業施設 名称は「ハコビバ」 今年12月7日開業【函館】

施設名称が「ハコビバ」に決まった複合商業施設の完成イメージ(大和ハウス工業提供)

 大和ハウス工業(本社・大阪市)は27日、JR函館駅前の約9900平方メートルの市有地などで計画している複合商業施設開発プロジェクト「ロイヤルパークスER函館駅前」について、公募の結果、施設名称を「ハコビバ」に決定したと発表した。また、今年12月7日にオープンすることも明らかにした。

 施設名称は函館市在住の人を対象に募集し、327件の応募があり、山下卓也さん(35)の作品に決まった。同社によると、ハコビバは函館の「函」と、イタリア語で万歳や歓声を表す「ビバ」を組み合わせ、市民をはじめとする日本や世界の人々が集い、交流し、皆に幸せを「運」ぶ「場」という意味を込めた。

 ホテル棟「ラ・ジェント・ステイ函館駅前」は地上11階建て、客室は261室(16~159平方メートル)。レストラン、24時間営業のコンビニエンスストア、天然温泉、バーを併設。261室のうち、滞在型観光に適したサービスアパートメント(49平方メートル)を3室備える。

 施設内には、地上2階建ての店舗棟やカフェ棟もあり、ホテル棟のコンビニも合わせ25店舗の開業を予定している。ホテル棟、店舗棟、カフェ棟の延べ床面積は1万3630平方メートル。専用駐車場は148台を確保する。

 地権者は市とJR北海道で、昨年3月15日に着工し、今年10月の竣工(しゅんこう)を目指す。

 施設は、北海道新幹線開業で好調に推移する国内外の観光客だけでなく、地元住民のニーズを取り入れた「函館の顔」となる。

関連記事

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初...

十勝毎日新聞

坂本直行の風景画 未公開作品を展示【幕別】

 幕別町内のカフェ「シェモア」(札内新北町40、舟越智子代表)で、十勝ゆかりの画家坂本直行の作品展が開かれている。未公開とされる道東の風景11点が店内に花を添えている。2月末まで。  管内在...