北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

公共交通利用促進へ、新年度から具体策検討【室蘭】

「地域公共交通網形成計画」の最終案を承認した第5回会議=室蘭市役所

 室蘭市地域公共交通活性化協議会(有村幹治会長、21人)の第5回会議が27日、室蘭市役所で行われ、交通インフラの指針となる「地域公共交通網形成計画」の最終案を承認した。2019年度から、新しい交通政策の考え方となる「モビリティ・マネジメント(MM)」の具体的な内容を検討し、公共交通の利用促進を図ることを決めた。

 同形成計画は鉄道、バス、タクシーの利用に向けた市民の意識醸成や持続可能な取り組みを進めるための四つの基本方針を示し、七つの施策を体系化し計19事業を掲げたのが特徴。期間は2019年度から10年間。

 都市部で有効とされるMMは、過度に自動車に頼る状態から、公共交通などの利用によって地域の交通流動を改善していく交通政策。「個々の市民や組織、地域の意識と行動が自発的に変化すること」を目標に、コミュニケーションを主体にさまざまな働き掛けを行っていく政策手法だ。

 新年度は人口減少とそれに伴う鉄道・バスの利用者減など市内の公共交通を取り巻く環境が変化に対応するためMM事業を実施し、市や交通事業者との官民協働の公共交通活性化を目指す。

 具体的な事業としては、国の補助を活用しながらバスの「乗り方教室」や高齢者と学生の視点を取り入れたマップ制作、持ち運びできるリーフレット作成などを実施する。

 このほか、地域特性を踏まえた多様な公共交通の確保策として石川町会と連携したスクールバス混乗を継続する。「新たな二次交通の導入」の重要性から実施内容の詳細を詰める。

 集約化したまちの最適化を目指す「コンパクトプラスネットワークの実現」に向け、路線ごとの利用状況の分析や改善方法の協議、先進事例の事業者への支援状況などの調査を行う。

 市内全体の公共交通活性化に向け有村会長は「二次交通の関係でフェリー、クルーズ船の在り方も検討する必要がある」と指摘した。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...