北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

公共交通利用促進へ、新年度から具体策検討【室蘭】

「地域公共交通網形成計画」の最終案を承認した第5回会議=室蘭市役所

 室蘭市地域公共交通活性化協議会(有村幹治会長、21人)の第5回会議が27日、室蘭市役所で行われ、交通インフラの指針となる「地域公共交通網形成計画」の最終案を承認した。2019年度から、新しい交通政策の考え方となる「モビリティ・マネジメント(MM)」の具体的な内容を検討し、公共交通の利用促進を図ることを決めた。

 同形成計画は鉄道、バス、タクシーの利用に向けた市民の意識醸成や持続可能な取り組みを進めるための四つの基本方針を示し、七つの施策を体系化し計19事業を掲げたのが特徴。期間は2019年度から10年間。

 都市部で有効とされるMMは、過度に自動車に頼る状態から、公共交通などの利用によって地域の交通流動を改善していく交通政策。「個々の市民や組織、地域の意識と行動が自発的に変化すること」を目標に、コミュニケーションを主体にさまざまな働き掛けを行っていく政策手法だ。

 新年度は人口減少とそれに伴う鉄道・バスの利用者減など市内の公共交通を取り巻く環境が変化に対応するためMM事業を実施し、市や交通事業者との官民協働の公共交通活性化を目指す。

 具体的な事業としては、国の補助を活用しながらバスの「乗り方教室」や高齢者と学生の視点を取り入れたマップ制作、持ち運びできるリーフレット作成などを実施する。

 このほか、地域特性を踏まえた多様な公共交通の確保策として石川町会と連携したスクールバス混乗を継続する。「新たな二次交通の導入」の重要性から実施内容の詳細を詰める。

 集約化したまちの最適化を目指す「コンパクトプラスネットワークの実現」に向け、路線ごとの利用状況の分析や改善方法の協議、先進事例の事業者への支援状況などの調査を行う。

 市内全体の公共交通活性化に向け有村会長は「二次交通の関係でフェリー、クルーズ船の在り方も検討する必要がある」と指摘した。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...