北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

あすからスノボ全日本選手権、岡本が上位狙う【室蘭】

全日本選手権で活躍を誓う岡本

 室蘭スノーボード協会の岡本宏幸(47)が、長野県であす3月1日から3日まで開催されるJSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会・フリースタイルに出場する。今季はより攻撃的な滑りを体得。2年連続5度目の大舞台で躍進を狙う。

 道予選は今月3日にルスツリゾートスキー場で行われた。岡本は1種目目の「ミドル」で24位、「ショート」で6位。危なげない滑り出しだったが、最後の「フリー」でまさかの転倒、40位に終わり、総合順位は18位。全国進出は15位までだったが、あらかじめシード出場が決まっていた選手などがいたため、繰り上げで予選突破が決まった。

 思わぬ形で得た全国切符。予選を振り返り「雪が軟らかく、ボードの先端が刺さって転倒してしまった。油断すれば起きる一瞬のミス」と表情を緩めない。昨年12月には、国内トップクラスのデモンストレーター、相沢盛夫からエッジを効果的に使った滑りを教わった。ホームゲレンデのだんパラスキー場で仕事を終えてから練習。従来よりターンの始動を早め、スピードが落ちない滑りを体に染み込ませた。

 全国は、予選の種目にロング、ダイナミックカーブ、グラウンドスタイルを合わせた計6種目で争われる長丁場。そつなく点を稼ぐ総合力に加え、雪質や審査ポイントの特徴を見抜く冷静さも問われそうだ。昨年の結果は85位。今大会のフリースタイルは140人が臨む。「長野に行ってからどこまで調整できるか。昨年より調子は良い。順位を上げたい」と本番をにらんでいる。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...