北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

水産会社と温泉施設連携し地元素材で新メニュー【白老】

水産会社と温泉施設がタッグを組んで創作したメニューの数々

地元素材を生かして創作したメニューを試食する出席者たち

 白老・虎杖浜竹浦観光連合会(福田茂穂会長)は25日、会員事業所が新たなメニューとして開発した新商品試食会を町内虎杖浜のホテルいずみで開催した。

 初の取り組み。同連合会員の小田切水産、森川水産、蒲原水産が新商品化したそれぞれ「たちかま」「えびさんオイル」「虎杖浜たらこの薫製」や地元の海の幸、山の幸を同連合会温泉部会のホテルほくよう、ホテルオーシャン、ホテルいずみ、海の別邸ふる川、虎杖浜温泉ホテルの料理人たちの手による新メニューとしてこの日の試食会で発表した。

 福田会長は「今回を皮切りに第2弾、第3弾と事業を進め、逸品、新商品をたくさんPRし、各事業者の発展につながる事業としていきます。皆さまの忌憚(きたん)のないアドバイスをお願いします」とあいさつした。

 スケソウのタチを材料にした「たちかま」を素材にあんかけを試作したホテルほくようの料理人は「たちかまは一日だしに漬け、冷やして酒とみりんで味を付けました」、虎杖浜温泉ホテルの料理人は「たちかまの中をくりぬき、たらこを織り込んで蒸し上げました。塩分が強いのでマヨネーズベースの生クリームとわさびを入れたソースで召し上がっていただきます」と説明した。「虎杖浜たらこの薫製」を商品化した蒲原水産の蒲原亮平代表取締役は「虎杖浜たらこをサクラのチップで薫製にしました。薫製をかけすぎると水分が飛んでしょっぱくなるので、薫製をかけすぎないよう仕上げました」と説明した。

 試食した参加者たちからは「特にグラタンがおいしい。入っているたちかまが甘く感じる」「あんがもうちょっと絡み合ったらいいかな」「たちかまが想像していたより柔らかくてびっくりしました」「会員の事業所でメニューになるのを希望します」といった感想が寄せられた。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...