北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

水産会社と温泉施設連携し地元素材で新メニュー【白老】

水産会社と温泉施設がタッグを組んで創作したメニューの数々

地元素材を生かして創作したメニューを試食する出席者たち

 白老・虎杖浜竹浦観光連合会(福田茂穂会長)は25日、会員事業所が新たなメニューとして開発した新商品試食会を町内虎杖浜のホテルいずみで開催した。

 初の取り組み。同連合会員の小田切水産、森川水産、蒲原水産が新商品化したそれぞれ「たちかま」「えびさんオイル」「虎杖浜たらこの薫製」や地元の海の幸、山の幸を同連合会温泉部会のホテルほくよう、ホテルオーシャン、ホテルいずみ、海の別邸ふる川、虎杖浜温泉ホテルの料理人たちの手による新メニューとしてこの日の試食会で発表した。

 福田会長は「今回を皮切りに第2弾、第3弾と事業を進め、逸品、新商品をたくさんPRし、各事業者の発展につながる事業としていきます。皆さまの忌憚(きたん)のないアドバイスをお願いします」とあいさつした。

 スケソウのタチを材料にした「たちかま」を素材にあんかけを試作したホテルほくようの料理人は「たちかまは一日だしに漬け、冷やして酒とみりんで味を付けました」、虎杖浜温泉ホテルの料理人は「たちかまの中をくりぬき、たらこを織り込んで蒸し上げました。塩分が強いのでマヨネーズベースの生クリームとわさびを入れたソースで召し上がっていただきます」と説明した。「虎杖浜たらこの薫製」を商品化した蒲原水産の蒲原亮平代表取締役は「虎杖浜たらこをサクラのチップで薫製にしました。薫製をかけすぎると水分が飛んでしょっぱくなるので、薫製をかけすぎないよう仕上げました」と説明した。

 試食した参加者たちからは「特にグラタンがおいしい。入っているたちかまが甘く感じる」「あんがもうちょっと絡み合ったらいいかな」「たちかまが想像していたより柔らかくてびっくりしました」「会員の事業所でメニューになるのを希望します」といった感想が寄せられた。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...