北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

中国でミニバレー初交流 十勝から指導者5人【大樹】

 道と中国の黒竜江省、ロシア・サハリン州の3地域によるミニバレーを通じた交流事業が3月4日から4日間、同省のハルビン市で行われる。初のスポーツ交流で、現地で実技指導などを行う全日本ミニバレー協会の小島秀俊会長(72)=大樹町=は「中国を訪問するのは初めて。ミニバレーで地域の住民同士が仲良くできれば、競技考案者冥利(みょうり)に尽きる」と訪問を心待ちにしている。

中国語版とロシア語版のミニバレールールブックを手に交流を心待ちにする小島会長

 道は2017年6月、ハルビン市で3地域交流の推進に合意。昨年1月には札幌市で文化交流が行われた。その後、スポーツ分野での交流が検討され、すでにサハリン州で普及が進んでいた大樹町発祥のミニバレーに白羽の矢が立った。

 道内からは道総合政策部の中島俊明国際局長ら10人が訪問する。十勝からは小島会長に加え、同協会会員でいずれも音更町に住む坂本勝明さん(74)、小松克博さん(68)、小椋淳子さん(66)、澤田菊代さん(64)の計5人が参加。サハリン州側は小島会長と親交の深いサハリン国立大のピョートル・パシュコフ教授(63)ら5人が訪れる。

 現地では小学校や黒竜江大で講演や実技指導、交流試合に臨むほか、同省の体育局や外事弁公室で意見交換も行う。

 ミニバレーはロシアや韓国で協会が発足し、カザフスタンやネパール、フィリピン、モンゴルなどでも普及。ジャパンカップにはこれまで、計41カ国の選手が参加している。

 中国との交流は、02年に北大を主会場に開かれた「北東ユーラシアにおける身体活動、健康増進、地域振興の国際会議」で、小島会長が中国の研究者にミニバレーを紹介したが、本格的な普及には至っていない。

 中国語版のルールブックは04年に作成済み。小島会長は「ミニバレーの理念の『であい・ふれあい・わかちあい』をまさに実践する形になる。中国にも競技が広がり、暮らしの豊かさや健康づくりにつながれば」と期待を寄せている。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...