北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

中国でミニバレー初交流 十勝から指導者5人【大樹】

 道と中国の黒竜江省、ロシア・サハリン州の3地域によるミニバレーを通じた交流事業が3月4日から4日間、同省のハルビン市で行われる。初のスポーツ交流で、現地で実技指導などを行う全日本ミニバレー協会の小島秀俊会長(72)=大樹町=は「中国を訪問するのは初めて。ミニバレーで地域の住民同士が仲良くできれば、競技考案者冥利(みょうり)に尽きる」と訪問を心待ちにしている。

中国語版とロシア語版のミニバレールールブックを手に交流を心待ちにする小島会長

 道は2017年6月、ハルビン市で3地域交流の推進に合意。昨年1月には札幌市で文化交流が行われた。その後、スポーツ分野での交流が検討され、すでにサハリン州で普及が進んでいた大樹町発祥のミニバレーに白羽の矢が立った。

 道内からは道総合政策部の中島俊明国際局長ら10人が訪問する。十勝からは小島会長に加え、同協会会員でいずれも音更町に住む坂本勝明さん(74)、小松克博さん(68)、小椋淳子さん(66)、澤田菊代さん(64)の計5人が参加。サハリン州側は小島会長と親交の深いサハリン国立大のピョートル・パシュコフ教授(63)ら5人が訪れる。

 現地では小学校や黒竜江大で講演や実技指導、交流試合に臨むほか、同省の体育局や外事弁公室で意見交換も行う。

 ミニバレーはロシアや韓国で協会が発足し、カザフスタンやネパール、フィリピン、モンゴルなどでも普及。ジャパンカップにはこれまで、計41カ国の選手が参加している。

 中国との交流は、02年に北大を主会場に開かれた「北東ユーラシアにおける身体活動、健康増進、地域振興の国際会議」で、小島会長が中国の研究者にミニバレーを紹介したが、本格的な普及には至っていない。

 中国語版のルールブックは04年に作成済み。小島会長は「ミニバレーの理念の『であい・ふれあい・わかちあい』をまさに実践する形になる。中国にも競技が広がり、暮らしの豊かさや健康づくりにつながれば」と期待を寄せている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...