北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

中国でミニバレー初交流 十勝から指導者5人【大樹】

 道と中国の黒竜江省、ロシア・サハリン州の3地域によるミニバレーを通じた交流事業が3月4日から4日間、同省のハルビン市で行われる。初のスポーツ交流で、現地で実技指導などを行う全日本ミニバレー協会の小島秀俊会長(72)=大樹町=は「中国を訪問するのは初めて。ミニバレーで地域の住民同士が仲良くできれば、競技考案者冥利(みょうり)に尽きる」と訪問を心待ちにしている。

中国語版とロシア語版のミニバレールールブックを手に交流を心待ちにする小島会長

 道は2017年6月、ハルビン市で3地域交流の推進に合意。昨年1月には札幌市で文化交流が行われた。その後、スポーツ分野での交流が検討され、すでにサハリン州で普及が進んでいた大樹町発祥のミニバレーに白羽の矢が立った。

 道内からは道総合政策部の中島俊明国際局長ら10人が訪問する。十勝からは小島会長に加え、同協会会員でいずれも音更町に住む坂本勝明さん(74)、小松克博さん(68)、小椋淳子さん(66)、澤田菊代さん(64)の計5人が参加。サハリン州側は小島会長と親交の深いサハリン国立大のピョートル・パシュコフ教授(63)ら5人が訪れる。

 現地では小学校や黒竜江大で講演や実技指導、交流試合に臨むほか、同省の体育局や外事弁公室で意見交換も行う。

 ミニバレーはロシアや韓国で協会が発足し、カザフスタンやネパール、フィリピン、モンゴルなどでも普及。ジャパンカップにはこれまで、計41カ国の選手が参加している。

 中国との交流は、02年に北大を主会場に開かれた「北東ユーラシアにおける身体活動、健康増進、地域振興の国際会議」で、小島会長が中国の研究者にミニバレーを紹介したが、本格的な普及には至っていない。

 中国語版のルールブックは04年に作成済み。小島会長は「ミニバレーの理念の『であい・ふれあい・わかちあい』をまさに実践する形になる。中国にも競技が広がり、暮らしの豊かさや健康づくりにつながれば」と期待を寄せている。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...